北田辺桂屯所 

2020/09/21
Mon. 11:58

久しぶりの句会。
コロナのことは少し忘れて、食べて飲んで喋って歌ってハグをして。
久しぶりに会うみなさんはどこか変わったような変わってないような気がしました。
ちかるさんが蚊帳で作った服を着てはりました。


スタッフは霧と案山子と空き瓶と(スタッフ)
スタッフが雨のしずくを外耳道
こんにゃくが10年ぶりに振り返る(マイナー)
土砂降りの帽子屋へゆくフラミンゴ
ひれ伏してよバカラで飲む麦茶(レディ)
いちぢくの皮を上手に剥くレディ
買わないと損か得かはホトトギス(ショップ)
話しかけないでくださいそんな目で
水は血と涙で溺死したいんよ(雑詠)
蝶の尻まことしやかに収縮し
純一の一はトイレットペーパーの芯(純)
純潔や御免ください左様なら

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

 

2020/08/29
Sat. 14:19

朝、着替える時鏡を見たら、左胸と鎖骨の間にキスマークがついていた。
虫によるキスマークですけどね。(吸われたのには違いない!)

ドライフラワーに沼ってからというもの、虫刺され率が高く、庭で刺され、庭から持ってきた植物に付いてたものに刺され、足も腕も子どもか!みたいで恥ずかしい。
多分目に見えない奴らだと思う。とにかく痒いし(何日も!)跡は残るしで、田舎もんみたいでかっこ悪いので、ちょっと街に出かける時は(田舎もんやん)、絆創膏で隠したりするのだが、それもどうなん?という感はある。

これまで目で確認できた虫は、カメムシ、カナブン、バッタの赤ちゃん、蜘蛛、尺取系、蛾、蟻。ある日天井にかまきりの子どもが逆さまに止まっているのには驚いた。
みんな殺さずに庭に戻してあげる。カメムシを逃がすと言ったら近所の人にびっくりされた。その人はガムテープに引っ付けて獲って捨てるらしい。それはそれでぎゃーである。
この前は、取ってきたドウダンツツジにセミの抜け殻が付いていて、通るたびにギョっとなるので、今セミの抜け殻は別のところに飾っている。
それにしても痒い。

 カマキリの持ち方 ブラジャーの外し方 ようこ



[edit]

CM: 0
TB: --

page top

作る 

2020/08/29
Sat. 11:13

スワッグ(花や葉を束ねたもの)を作るのと川柳を作るのって似ていることに気がついた。
作り方というか出来上がるまでの持っていき方というか。

何種類かの花や葉を好きな形や色合いを考えながら組み合わせる。
これは川柳で言葉を組み合わせていくのと同じ工程。
もちろんこの時すでに自分の好みのイメージに近づけている。

一応形になる。飾る。
川柳の場合、一応形になる。置いておく。

スワッグを時々眺めながら、ここのスキマが気になるからなにか見繕って加えたり、この花は傾きすぎてるから下に支え的なものを差し込んだりする。
これはまさに川柳でいうところの推敲。

でも、どちらにも完成はない。

そして、誰かのためにスワッグを作る難しさ。こちらの好みを押し付けるわけにいかないし、かといって相手の本当の好みなんてわかっているようでわかっていない。
川柳と同じ。

スワッグも川柳も、もしわたしが作ったもので気に入ったものがあったらどうぞ持って帰って、というスタンスがわたしには合っている。


 エビピラフ作るエディット・ピアフかな ようこ



[edit]

CM: 0
TB: --

page top

ドライフラワー 

2020/08/06
Thu. 09:16

外に落ちてるカサカサになった葉っぱや枯れた花を見て思う。
ドライフラワーはフレッシュな状態を乾燥させカサカサにさせる。
自然死とその真逆。
切り花にされた時点で殺され、命の水をもらえないまま吊るされ、枯れていく。
でもその後何年も私を愉しませてくれる。
花の本望はどこにあるんだろうか。

ご近所さんに紫陽花をいただき、ドライにさせていただく。
植物の命を「いただいて」るんだなあとつくづく感じる。
坊さん化している。

ちゃんと成仏するんだよって思いながら、ん、まてよ、ドライフラワーはドライフラワーとして生きているわけだから、そこに魂はまだ残ってるのか。なんて頭の中でぐるぐる考えてしまう。

 
 くれぐれもお体紫陽花くださいね  ようこ


先日ドタキャンした句会の句。(ごめんなさい)

紫陽花のドライたくさんできました。それなのにもっと欲しいと思ってしまう。
足るを知れ!(全然坊さん化してない)



[edit]

CM: 2
TB: --

page top

凝り性 

2020/07/06
Mon. 13:01

凝り性である。(肩こりじゃないほう)
現在もっぱらハマっているのがドライフラワー。
庭のスモークツリーを切ってドライにしたのが始まりで、家にちょこちょこ作って飾ってたドライフラワー(過去に一度ハマった時の名残、ということは今回第二次ブームなのか)を束ねてブーケ風にして壁に飾るスワッグ(というらしい)を一気に7個ほど作り、それでも足りなくて、今はドライフラワー屋さん?っていうくらい庭からドライになりそうなものをせっせと刈り込んでは吊るし刈り込んではつるす毎日。
売ってるんですけどね、ドライフラワー。でも作りたい。高いしね。乾かす過程も好きだしね。もともと断捨離体質なので、お金かけたら捨てられないことは重々承知の介なのです。
あ、わたし凝り性なんだけど飽き性でもあるので。

この前は歩いてたら庭の剪定してるお宅があって、シュロの葉っぱと実と紫陽花を抱えるほどもらってきました。もう、そこら辺に生えてるもの何でもドライにしたくてしたくてたまらないたまらない。

川柳はしばらくおあずけ。

 
 紫陽花を筆頭にして快楽殺人 ようこ


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

雨曜日 

2020/06/10
Wed. 12:06

広瀬ちえみさんの句集。
タイトルの文字の雨つぶがかわいくて、表紙のブルーのなかの黒が効いている。

ちえみさんの句はわかりやすい。いや、なんか違う。川柳でわかりやすいと言えばあまり褒め言葉にならないからなー。最近よく使われるあれ。「いい意味で」わかりやすい。いや、そんな取ってつけた言い方はよくないです。しいていうなら若い子がよく使う、わかりみ。これがいちばん近いかも。
句の意味が理解(自分なりに)できて、その思いに共感できる、うんそう、わかりみが深いんだわ。

これはどういう意味やろ、とんな気持ちなんやろと考えなくてもそういうことなんやろなあとわかるので、読んでるんるんしてればいい。句集を読んでるんるんするなと教わったわけではないけれど、そういえば、わたし、るんるんしてこなかった。そんなことに気がついた句集なのでした。


  かんぶにもこんぶにもいいきかす ちえみ
  そのみちもどのみち雪になりますの
  棒をふる仕事と棒にふる仕事
  帽子ぬぎ靴ぬぎ光ることをする
  御神輿の端を持ってるふりをして
  楽器みな海水浴に行っており
  バイオリン畑のバイオリンが鳴る
  夜行性だから夜行性に会う
  あの鳥がほしいと言えば撃つかしら
  聞いていた話とちがう窓の位置
  なんみょうほうれんそうを一品に
  小鳥屋に死んだ小鳥の数を聞く
  午後からは豹が降るかもしれません
  ぶよぶよは相当深いところまで
  






[edit]

CM: 2
TB: --

page top

日々のこと 

2020/05/13
Wed. 11:53

普段からまとめ買い派だ。野菜室にキャベツと芽キャベツしかなくなったので買い出しに行く。冷蔵庫に野菜が充ちる。はあ、しあわせ。
♦︎
午前中は調子がいい。夕方くらいからの私は人として使いものにならなくなるので、朝から晩ご飯のことを考えて行動する。おいしいご飯を食べるために頭と体を使うことがわたしの最優先事項らしい。
♦︎
うちの自慢の愛木、スモークツリーがもうすぐ見頃を迎えます。売れるほど花穂がつくので、毎年のあれ、『ほんま、売りたいわ〜。』ってやつ、今から言うてる。


 みちってもみちらなくてもヒヤシンス ようこ

(↑北田辺のSNS句会の席題『みちる』で作った句。ヒヤシンス使いすぎやぞ!)





[edit]

CM: 0
TB: --

page top

ミッドサマー 

2020/05/07
Thu. 10:55

最後に映画館で観た映画はミッドサマーだった。まだ3月だったけど、今年1番の1本になると思った。とても美しくとても恐ろしいカルト村の話。心臓を得体の知れない誰かの手でぎゅっとつかまれたような息苦しさと、でもその手のあたたかさに満たされた。

そして、最後のお出かけは三宮。まずは高架下のメニューは餃子しかない餃子屋さんで乾杯。こういうお店の餃子はおいしいに違いないと思ったんだけど、わたしの口には合わず早々に店をあとにした。それからふらふらお店を物色していて見つけました。俳句の聖地?(知らんけど。)スペイン料理屋さんのカルメン。そしてこの日は土曜日でフラメンコライブがある!!ワインで乾杯し、ちょうど1本空けた頃ライブ開始。生で、しかもこんな近くで見るのは初めて。すごい。なに、このミッドサマー感。映画の中にも踊り狂ってトランス状態、いわゆるトリップする場面があるんだけど、とても近いものがあった。

どちらもたかだか1ヶ月半ほど前の出来事なのにもっととおい過去のような気がする。


 またすぐに見つけるからね回遊魚 ようこ


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

両隣 

2020/04/21
Tue. 13:07

黒柴愛が深まる。
インスタで黒柴を検索しちゃったりなんかしちゃったりして。
からの『いやいや、絶対うちの子(隣家な!)の方がかわいいから!』

反対のお隣さんに山椒の木がある。うちとの境目にあるので勝手に収穫させてもらう。
この前スーパーで売ってるのを見たらまあまあのお値段でびっくり。金のなる木やん!
なんか急に申し訳なくなり、無農薬の人参と胡瓜とプリンをお礼に持っていく。
ピンポン押して門扉に袋を引っ掛けて、ソーシャルディスタンス確保。
このお宅は全然木の芽に興味がないらしく、いくらでも取ってねと言ってくれたので、ここのとこ毎日収穫させてもらっている。
木の芽味噌、醤油漬け、木の芽塩、木の芽ジン、結構使い道あるし何より木の芽1枚で増す料亭感よね。

 
 木の芽はテノールで支配する側に  ようこ

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コロナ 

2020/04/12
Sun. 14:34

わたしは不織布のマスクのにおいがダメで、ずっと
ガーゼマスク愛用者で、わたしのはちゃんと立体的
なやつだけど、そのマスクをして行動してると、軽
い酸欠状態になってすぐに家に帰りたくなってしま
うので、安倍さんも本当は同じようなマスク問題を
抱えていて、いきついたのがあの給食マスクなので
はないかとなるべくやさしいまなざしでみるように
しています。

もともとひきこもりがちなので、ひとりで家にいる
ことが苦ではないのだけど、出るなと言われると少
し苦になるものの、ひきこもりの人というのは多か
れ少なかれ罪悪感をもって生きているので今の状況
は気持ち的に楽だったりもします。

濃厚接触しています。隣家の犬と。まだ一歳になっ
ていない黒柴で、会いにいくために朝からいそいそ
化粧(日焼け防止)して、動物アレルギー体質で甘
噛みされたところが痒くなるので、すぐに手洗いし
てムヒを塗る毎日。

どうぞみなさんお元気で。


 長すぎる死後でありんすヒヤシンス  ようこ


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

2020-09