出がらし 

2017/05/09
Tue. 14:20

句会サボりぎみであります。
5月病ではありません。
このやる気のなさは今に始まったことではありま
せんのでね。
そう、これがわたしの通常だと思えば気持ち的には
楽になるのかもしれません。
凄十(←精力剤的栄養ドリンク)試してみようかな。

出がらし。そんな今のわたしにぴったりの言葉。
何を見ても無感動、無感情の出がらし女。
同じような言葉、同じような意味の句しか作れない
出がらし川柳。
ていうか、出がらしに失礼やし!
ほんまほんま、出がらしは出がらしで精一杯人事を
尽くしまさに天命を待っている状態なのですから、
わたしなぞ出がらしにもなれません。



倫理にもすがる出がらしにもすがる    ようこ
出がらしに飛び込む虫と心中す
出がらしは誰が死んでも澄んでいる
出がらしの涙でデコるすずめの巣
おいミモザサラダ出がらしなめんなよ
出がらしにフラペチーノと書いて飲む
出がらしも星もしこたま夢精せよ
出がらしになって胸筋なつかしむ
出がらしに映るわたしがおじさんで
ちごいねるわいぜん出がらしが完成する


[edit]

CM: 4
TB: --

page top

二七会 

2017/04/28
Fri. 13:39

森茂俊さんが会長をされている二七会。
選者さんが祥文さんだったので(というのもへんな
言い方ですが)はじめて参加させていただきました。

この句会、少々変わっておりまして、
まず食事しながら投句。もちろん飲みながら。
ほぼ食べ終わってから選、披講と続く。
3句出しの題は最低1句最高3句まで抜ける。
披講では脇取りの方が名前を呼んでくれはった
あとに拍手。おもしろい。
がなかなかこの拍手に慣れなくて結局最後まで
出遅れる。
ところ変わればなんとやら、ですなあ。

二七会の句の傾向は伝統川柳。
なんとか伝統川柳ぽく作ろうとしてみたけれど
はがゆいほど作れない。
それでも茂俊さん選では秀句をいただいたので
うれしかったのでありました。

わたしは「物好き」の選をさせられ、いや、させて
いただきました。
普段のわたしの感覚からすると、伝統句というのは
つい、言い過ぎやろーって思ってしまうのですが、
それはひとまず置いておいて、素直に楽しい句を
取らせていただきました。



葉桜の寝汗を拭いて発情す 「物好き(軸吟)」
うしろから一升瓶を抱きしめる 「サービス」
ハンサムにはさまれているハムサンド
庭つき老人送料無料です
ポリデントしてから眠るお侍 「侍」
侍がポテトサラダを注文す

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

泣くこと 

2017/04/20
Thu. 15:44

むかしからすぐに泣く子どもだった。
幼稚園の入学式の日、行きたくないと着せられた
制服を脱ぎちらかして泣いた。
小学生のとき、わたしをいじめた男の子が先生に
怒られその子が泣いてわたしも泣いた。
夜中に目が覚めて泣いた。なんで泣いているのかと
聞かれても自分でもわからなくて泣いていたら、
熱があったということもよくあった。
親に叱られるときはいつもずっと泣いていた。
かなしかった。
すべての感情がかなしいに繋がって涙がでてしまう。
こわいもさびしいもかわいそうもしんどいも怒り
さえも数分後には全部かなしいになった。
・・・ということに最近気が付いた。
気づいたからといって、泣くことは止められない。
だから今でもすぐに泣く。



はなびらを指紋にぼかしゆく胃痛    ようこ
さふらんやさふらんクッキー生地ゆるく
電柱のダリア咲かない貧血よ!
電柱に描く女陰やほーほけきょ




[edit]

CM: 0
TB: --

page top

抹消 

2017/04/11
Tue. 11:25

狂犬病予防注射のお知らせが来た。
犬が死んだことを伝えるため、市役所に電話する。
犬の種類は?性別は?名前は?死亡した日は?
答えながらうぐぅ、となる。
『それでは登録のほう抹消しておきますので、
ありがとうございました。』
抹消。抹消されました。うぐぅ。

 

復讐の銀河へ行くよ知らないよ    ようこ
菜の花に犯されにゆくふたり
春眠の鞭を泣かせてみたくなる
ひとさらう百年先のことみたく
うそつきはとなりのぎょうでしんじゃうの




[edit]

CM: 0
TB: --

page top

墨作二郎さん 

2017/04/03
Mon. 11:11

墨作二郎さんの追悼句会に行ってきました。
墨作 二郎さんではなく、墨 作二郎さんだと川柳をはじめて
そうとうたってから知りましたし、点鐘の会にも参加したことない
ですし、もちろんお会いしたこともなかったのですが、これも
何かのご縁なのでしょうか。


   
   蝶裂けて タンクトップは集まれり    墨作二郎 句集『尾張一宮在』
   海に届いた運動靴は 受胎する
   伊吹山 青いヨーヨー陽にぬくい
   四月馬鹿 シルクロードを妊りぬ
   貝殻とアヒルの列は 約束す
   ジャムぱんと うばすて山は起きている
   処女膜とヒアシンスあり せともの市



句会結果。
遊ぶだけ遊ぶ兎の耳だから    ようこ
スカートの中でドイツの鐘がなる


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

啓蟄好き 

2017/03/27
Mon. 14:23

しまった。啓蟄を見逃しました。毎年ニュースでやってるあれ。
啓蟄の日の今日、ってやつ。春は?春はいまどこですか?
でも、外したこもは虫ごと焼かれるのです。春をよろこび
ながら、あぁ、虫・・・ってなりながら、次のニュースにかわっ
たらすぐに忘れるんです。啓蟄。

 ◆

年中行事の一つとして、ぜったい見ておきたいニュースのもう
ひとつが大仏さまのお身拭い。毎年見てるからわかっている
にもかかわらず、大仏さまの大きさに対する人間の小ささが
その想像をはるかに超えてやってくるので、おもわず踊りだし
たくなる。

 ◆

今年になって映画を3本見た。よかったとかつまらなかった
とか以前の問題。そう、ひたひたとやってくる、やつの名は睡魔。
今現在の結果、1勝2敗。

 ◆

好きの単位。「歯型」でいいんじゃないかと思う。
つまり好きの基準は、噛みつきたいか噛みつきたくないか。





ぼく想いうたってごらんみにくき鳥    ようこ
ファスナーのレム睡眠のにくにくし
にんげんを湿らせておく安全剃刀
ちょうどいいくすぐったさや春の罪
桜もちに見えますか滲みでてますか
茹ですぎて春の帽子を追いかけて

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

百均 

2017/03/23
Thu. 14:12

付き添いで百均のお店に行く。
百均は好きではない。マジックが欲しくて行ったとする。
でも2本セットで売っている。いや、2本いらないから。腐るもんじゃない
から買えばいいのかもしれないけど、いらないものはいらないし、2本の
マジックを一生かかっても使い切れる気がしない。つまり100円で2本
買えたというお得感よりも、いらないものを買ってしまったという無駄買い感
が残ってしまうのだ。
しかしいつ来てもその品揃えにはため息(遺憾と感心の)が出る。
ネクタイ、ピアス、ボディタオル各種(ハード系ソフト系ナイロン天然素材
泡立ちばつぐんもっちり泡立ちぐーんと伸びる、等)、グルコサミン、
ヘム鉄、ノコギリヤシ(長時間の外出が多い中高年の男性に・・・へぇ)
けん玉、花札、着せ替えフレンドエルちゃん(お世辞にも可愛いとは言えない)
尿失禁パッド、吸い飲み、オブラート(介護用品の充実よ)、パスケース。
パスケース!!探しててん!ええやん、買おかな。いやいや、ちゃんとしたのん
買うから。でも100円やし、本命を買うまでのつなぎで。いやいや、使い出したら
それで探す気なくすやろ、それにもし本命見つかったとき、それどうするん、捨てるん、
そんな使い捨てみたいなことしたら罰あたるで、とわたしとわたしがひとしきり
討議した結果、買わないわたしに軍配があがる。わたしにとって百均とはやわな
自分を鍛錬すべく通う道場でもある。



暗殺の日の差し色やキスマーク    ようこ
キスマーク四つ数えて世界はうそ
そうあれがうそのゴーフルうその月
あれふにょいだわね、ふにょいふにょいだわね
牛跨ぐとはなんぞや不如意光らせて
美しきエクスタシーの牛刺すケチャ
エクスタシーを知らない深夜タクシー
タクシーを蔑むわれを越えたまえ
われは終電車に乗る 暗殺せよ

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

異物 

2017/03/20
Mon. 11:50

ガムを噛んでいたはずだった。
気づいたらそれはゴムに近い食感で口いっぱいにごろごろ入っていた。
苦しくなって吐き出す、というより掻き出す、指を使って。
掻き出されたものはゴムホースを小さく四角く切ったみたいなもので
ピンクやオレンジ色をしていた。
洗面台に流そうとしたら排水溝が詰まって水が溢れてきたので、必死で
ぷかぷか浮いているゴム片をかき集める。
と、今度は口の中がじゃりじゃりする。
なんだなんだと取り出すと、今度は針金クリップのようなものが大量に
絡み合ったものだった。取り出したあとに、のどの奥に一個だけ残って
いて、それを取ろうとしたけどえずくばかりで結局取れなかった。
それから数日後、外出から帰ってうがいをした。
すると吐きだした水は夜空のような紺色のインクだ。しばらく洗面台に
張り付いて排水溝に流れていく。何度も何度もうがいをして吐き出された
紺色を見つめる。よく見ると紺色が流れたあとに透明なフィルムのような
ものが残されているのに気がついた。今度はそれを拾い集める。両手いっぱい。
わたしから吐き出されたそれら全部、きたないのですぐに捨てた。




もっと殴れよ親不知濡れるまで    ようこ
春は射殺や最愛の舌シチュウ
電気椅子に座るオンリーワンになる
動物は溺れよ保湿クリームに
この息でたっぷりママに藻に絡む
真っ黒なことに平々凡々なのよ
首甘き家庭教師を湯剥きする
いぬふぐりそこに咲いてはなりませぬ
蝶をねじるよ気持ちいいからじゃないよ
死にたいと言えば咲く花はどこどこ


[edit]

CM: 2
TB: --

page top

耐熱皿 

2017/03/12
Sun. 13:32

耐熱皿が割れた。
なんと3日をおかず食卓に並ぶうちの定番メニューに使用中。
お野菜(なんでも)を並べ、塩こしょう少々、オリーブオイルを
さっと回しかけグリルで焼く。
ぱりんとも、ぱきんともつかない、なんともいえない澄んだ音がした。
耐熱皿が熱に耐えるのをやめた、耐熱皿が耐熱皿をあきらめた刹那の
ささやかな音だった。
耐熱皿が使用中に割れるなんて考えもしなかったのに、
なぜかすぐにそれが割れた音だと確信し、グリルを引き出す。
きれいに真みっつに分断され、新玉ねぎとスナップえんどうはちゃんと
おいしそうに焼けていた。
おいしかった。



陸橋がいま肋骨に生え変わる    ようこ
何度でも死ね 拍手で追いかける
フランケンシュタインとは野蛮な更衣室
チャーハンに紋白蝶と蜆蝶
かわうそのかわいいうそを縛りにいく
じゃこ天をゆきずりと言うにはあまりにも
順調に飲みすぎてしまうチューリップ
四季咲きの花の無臭やきみを吸う


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

北田辺2月句会 

2017/02/28
Tue. 14:29

先月号より

ぷくぷくとしてくる喪服脱いだから   都嗣子
赤ちゃんの足を握って目をつむる   みかこ
かなぐらずかなぐりすぎず袋とじ    一筒


島根から石橋芳山さんと静岡から米山明日歌さんが初参加。
なんとも豪快かつ豪華なメンバー。
明日歌さんは先日、十佐一賞で特選を受賞されたり、あちこちで大活躍されている方。
余裕のオーラを放ってました。反対に芳山さん、めっちゃびびってました。
お二人のお姿と度胸のそぐわなさがおもしろく。それでも芳山さん、飲むごとにいい
感じになってきました。明日歌さんは飲んでるご様子なのにまったく乱れず(自分比)
いつまでも凛と作句しておられるのでした。
わたし?(だれも聞いてない)すみません、、、披講の途中で寝てしまいました・・・。
アレルギーのお薬飲んでたからかな~(ぽりぽり)、飲みすぎたからかな~(毎度やん)
いえいえ、これもひとえに甘えですね。ひとえの使い方これでええんかな。
これもひとえにみなさまのやさしさの賜物ですね。
芳山さん、また飲みましょう。いえ、句会しましょう。
明日歌さん、干し柿おいしかったです。ぜひまた遊びにきてくださいね。


今回のわたしの句・・・・
席題からすでに酔ってたようです。
中指を立てて立派な母になる
中指を立ててペンキはのんきです
どんだけ中指立てたいねん!Fuck you!
羊羊まだぼくは奪われていない
春、ぼくは歌うよ肩に咲く花
ぼく、ぼくて、なかやまななか!
他、自粛。


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

2017-05