北田辺8月句会 

2016/08/29
Mon. 15:44

先月号より
そこな傀儡そこなばあちゃんがいて長屋  ろっぱ
森永の天使が住んでいる長屋    くんじろう
俗名はエビゾエア立ち泳ぎ中    ひろ子
いっしょうびんぼうでよいのと言ってみる ちかる
後頭部の出っ張りミラノ風に削く  六助
餡蜜を三つ並べて鉄工所      多佳子


句会の一週間くらい前にくんちゃんから案内メールが一斉送信されます。
わたしは出欠の返事をしません。ごはんを作る量だとか何やら心づもりがあるらしく、何度か優しく咎められた
ような気もしますが、「出欠の返事ができない体質なので。」とお断りしました。返事をして、その日が近づくと
ねばねばお化けが出てきて、何が何でも行かねば、という気持ちに行きたい気持ちが負けてしまいそうになる
のです。

昨日もそんな感じで句会に向かっていたら、天王寺を出たあたりでかがりちゃんから着信アリ。「くる?」
こんなわたしを忘れずに待っててくれてるのかとうれしんだのもつかのま、「もうあんまり食べるもんがない。」
て。マジですか。時計見たら、まだ40分やし(開場1時30分)。みんなどんだけお腹すかせて行ってるねん。
ま、出席の返事をしてないわたしがそんなえらそうなこと言えませんけどね。

まあそんな脅しに負けずに行けば、わたしを入れて18人という、ものすごいことになっていたのでした。そらなくなるわ。
肉団子こそ食べれませんでしたが、ちゃんと食べるものありましたし、くまひこさん作のゴーヤの佃煮がおいしかった。

初めて参加の竹内ゆみ子さん。土佐一賞のお写真の印象と違ってとてもキュートで、ちかるさん曰くバンビのような
人でした。そしてそんなちかるさんに触ると、苔が生えそうなくらいとても湿っていてびっくりしました。


見わたせば他人行儀な骨ばかり   ようこ
骨盤がすっぽり入るピアニシモ
スプーンに少し残っている夜道
すぶずぶのエレベーターとすべり台
キアゲハを拒んでみたりして脚立
生ハムが連なってくる夏祭り
そのままで君は夏って言うんだもん
きわきわに置いてアパートめくんだね
手術台よく見えないものが泳ぐ
この先はサンバを踊るでもなくのれん
腰骨に接ぎ足す二層式洗濯機
題名がやたらむっちりして遊ぶ
宙づりの椅子の高さがケンブリッジ
たいせつな太郎を作る時間です
女優の顔で卵を茹でている
展示室へ包丁持ってサルモネア
三百の水鉄砲と火だるまと
市長ら来て激痛繰り返す





スポンサーサイト

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

夏休み 

2016/08/20
Sat. 13:17

帰省したり極小旅行に出かけたり、わたしにしてはヘビーな一週間を過ごしてました。

帰省のメインの目的は中学の同窓会。
海外赴任中につきビデオレターに映し出されたおじさんが、中一の時に好きだった男子で、
名前を聞いてもまったくこの顔にピンとこないという信じがたい変貌を遂げており、しかしながら、
そういうわたしだってもっともっと体にあって欲しいものものは減少し、年相応の雑多なものが
はげしく増殖しているなかで、一週間前には白髪染めに行き、いつもよりおしゃれなお洋服を
身に着けがんばったところで、どこからみてもちょっとがんばったおばちゃんという結果は自分でも
疑いようもなく、お互いさまよのうと心の中で慰め合いながら、やはり楽しいひとときなのでした。

極小旅行には極小旅行にもかかわらず、宿泊先ではのんびりしたいのでDVDをレンタルして持参。
遅ればせながらの「キングススマン」。
期待以上のおもしろさ。見せるところは魅せる。グロいはずの場面で笑わせる。やまやまやまで飽きさせない。

そして、こういうたのしい作品を見ると、いつも思うのが、
こういう句集を作りたいよなあ~。
なのですが、そのような予定はまったくありませんのです。



[edit]

CM: 0
TB: --

page top

パチモンGO! 

2016/08/09
Tue. 20:29

ふらすこてんの二次会でちかるさんにしばかれました。
上腕骨までひびくほどの衝撃になんでしばかれたか忘れてしまいました。
種痘痕あたりにうっすらと手形。

で、種痘痕。わたしの生まれた地方ではほうそう(たぶん疱瘡)と呼んでいました。


さいばらさんのブログと週刊俳句で紹介されていた俳句。

   
   
   種痘痕吉井明子は転校生   岡野泰輔


吉井明子サンより何より種痘痕に存在感、昭和感極まる。


そしてこちらは、たまの句会から


   太陽のコロナを食べる現地妻   小池正博


げ、現地妻!太陽のコロナを食べようが、ナニを食べようが現地妻ですよ。

わたしにとってはどちらも、もはやホリケンの一発ギャグにしか見えません。

こういう句に出会うと、使いたいぃぃ---!ってなりません?種痘痕・・・現地妻・・・・

   

   種痘痕座るムラノ耳鼻咽喉科     ようこ
   
   グリコよりパイナップルな現地妻   ようこ



クオリティの低さよ。これぞパチモンゲットだぜ!




[edit]

CM: 4
TB: --

page top

ふらすこてん8月句会 

2016/08/08
Mon. 18:56

先月欠席したので、ひさしぶりに体感する夏の京都。
うだる。さすがに四条通を歩く人の数がいつもより少ない。
海外からの観光客などを見ていると、せっかく来ていただいたのに、こんなに暑くてほんますみません、
と思ってしまう。わたしは京都人でもないし、京都が暑いのはわたしのせいではないんだけど。


三人選「花火」
7点 縛られたままで聞いてる遠花火    やよい
6点 香辛料入りの花火を上げなさい    ゆみ葉
6点 ドンと上げたらロンドン橋落ちた   勝彦
6点 線香花火奈落に首の落ちる音     正昭
6点 バカボンのパパの鼻から出た花火   喜八郎
6点 脇腹に仕掛花火をひそませる     洋子

遠花火というのは、音は聞こえず光だけが見えている花火のことを言うのだそうです。
だからこの「聞いてる」がおかしいという意見。でも「縛られたままで聞いてる」状況はすごく好きです。
が、点は入れてません。いかんせん「縛られたままで聞いてる」のどことなくずるっとした言い回しにスッキリせず。

ということで一応擁護派としては、遠花火は見るものでないといけないというのは分かるのですが、身動きの
とれない状況で耳だけは必至に外界の見えない花火の音を捉えようとしている、あるいは追い詰められた
状況下で聞こえないものが聞こえてしまったという幻覚、ということもあるのでは、、というのは脚色しすぎでしょうか。

で、今回議論が熱くなったのが、こういうドラマ性だったのです。(別の句で、ですが)
「説明だけで物語がないから取らなかった」という意見に対し、「ドラマ性がすべてではない」という意見。
どちらの意見も分かるので、いかんともしがたくただただ聞いているだけでした。
書かれていない部分を努めて想像するのではなく、想像させられてしまう句は、ある程度の余白が残されていて、
どういう結論を導き出すかは読者に委ねられています。そういう意味ではすべてではないけどとても大事なことでは
あります。そしてその余白を埋めることができ、自分なりの結論が導き出せると、「この句、好き」と思うのは人間の
感情としては当然の流れでしょう。ただそこに「川柳として」胸を張って「いい」と言えるかどうか、なのかなという
気がしています。
だって、わたしは川柳を作っているのだし、川柳を読んでいるんだから。



寒天で固めておいた耳年増    ようこ
婚活に励む福神漬け男子
ちはやぶる人の屑さりげなく破格
麗しく花火 公開処刑され
線香花火 神には神の日刊スポーツ




[edit]

CM: 0
TB: --

page top

飯田良祐句集を読む集い 

2016/08/02
Tue. 16:21

ゲストは歌人の岡野大嗣さん。
岡野さんが選ばれた10句の鑑賞に聞き入る川柳人。
ほお~とか、へえ~とか言いながら。
たとえば、

   下駄箱に死因AとBがある   良祐

靴底には今日一日の無数の死因をはりつけて帰ってきており、その靴をしまう下駄箱で剥がれ落ちる。
下駄箱というせまい空間でさらに死の濃度が増してくる。

柊馬さんは、「時間にまつわる句が多い」と指摘。岡野さんの読みに加えて、この下駄箱も過去の堆積
した時間であり、命の中の何かを回収したい、という想いがあったのではないかと。

三次会で岡野さんの句を教えていただきました。完璧におぼえていないのでアレなのですが、『口の中に虫が
飛び込んでいま死に立ち会いました』みたいな歌。失礼か。ほんま。でも、この句を聞いて下駄箱の句と
どこかつながっている気がしたのですよ。

 ※追記  いま虫が口に入っていきました死の瞬間に立ち会いました   岡野大嗣   

       でした。




淡々と語る言葉も行動も正直すぎて、きょうみぶかい方でした。
同じ沿線の住人でしたので、いつかふとお会いして、談義していただきたいものです。



[edit]

CM: 0
TB: --

page top

北田辺7月句会 

2016/07/26
Tue. 10:15

先月号より
いい竹が取れた冷酒を持って来い    茂俊
ひまわりになるんだパンツは穿かない  かがり
少年に戻る土瓶を割りながら      律子
靴底に百円玉をかくし持つ       丁稚一号
御座候をおみやげにした御座候     くんじろう


7月句会は北田辺70回句会でもありました。おめでとうございます。
毎月、十何人分ものメニューを考え、前日からの買い出し、仕込み、当日早朝からの準備、わたしなんかが
大変だろうなあと思う以上に大変なのであって、そんなありがたく思う気持ちはお料理をお皿に取りながら、
徐々に薄れていき、食べ始めたときには安定の美味しさにおいしいという言葉を言い忘れること毎度、
なのでして、くんちゃんいつもありがとう。

そして今年初参加というちかるさん、川柳未経験のすーちゃんのおかげで女子力は低いが女子率は高めで
盛り上がりました。女子句会したらきっとたのしいやろなあ、とふとモジリアニったりして。

みなさん、土曜日は『飯田良祐句集を読む集い』がありますよ。

   アスパラベーコンはふとモジリアニったりして     飯田良祐




閉経とさらっと嘘をつく長屋       陽子
小脳が海老で海老が井上陽水で
ガチガチに柘榴はひらく一家離散
マンゴーや終わらない午後の触診
中央改札口になるまでひよひよを諭す
小生とディスコでエンジョイしませんか
心臓を削けば籠の中トゥルル
淑女から曲がるスプーンの声がして
つっかけも履かずに双子ひっかけた
相談はヘラジカ海に満ちてくる
反対に回すかがりとマーガリン
洗い物族を長くしてカルボナーラ
八重歯見せまばたきをする鉄少女
口に綿詰めてさらに満月
さかなさかな放置自転車に暮れる



さて、こんなわたしでも人にめいわくをかけないように生きていきたいと思っているのだが、この日もまたやって
しまったわけで、翌日かがりちゃんに『ちょっとだけ死にたい気分です。』とメールしたら『ちょっとだけは
死なれへんなあ。』というメールが返ってきた。ありがとう。


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

夏だ! 

2016/07/11
Mon. 22:16

夏だなあ、と思う。
裏のお宅のご主人のウクレレが聞こえ始めると
夏だなあ、と思う。

という風に人それぞれの夏の風物詩というものがあると思う。

わたしの場合、ほかに

西瓜を食べたとき、ではなく、西瓜のお漬物(赤い部分を少し残した白い部分の浅漬け)
を食べたとき、ああ、夏だなあと思う。

あと、夏といえばアイロンがけである。(冬はのっぴきならない事情がないとアイロンがけはしない)
エアコンの効いた部屋でかけるアイロンがけは最高に楽しい。
たぶん、こたつで食べるアイスクリームみたいなものだと思う。
嬉々としてアイロンをかけている自分に、ああ、夏だなあ、と思う。

川柳には季語がないので、俳句で季語として使われている言葉を使ったとしても川柳自体に季節感を
感じることが少ない。夏の季語(たぶん)の、きゅうりとか茄子とかズッキーニとか、その外観のフォルム
から受ける印象で、どちらかと言えばその存在を小馬鹿にした使い方をすることも多い。
当然年がら年中使用可能。いまどきのスーパーの野菜売り場と一緒です。
そうやって考えると、俳句の方などは、この季語が使える季節になって、ああ、夏だなあ、などと思ったり
するのだろうか。そこはちょっと羨ましい気がする。

でも川柳だからこそ、こんな句が夏に作れたりするのかな、という一句。

   風鈴と冷やし毛皮を売り歩く    竹井紫乙

いや~夏だね~。冷やし毛皮の季節だよぉ。ってなるかい!
毛皮は(たぶん)冬の季語ですよね。でも冷やし毛皮は夏の季語でしょ。でかした。
それだけでは押しが足りないと風鈴(たぶん夏の季語)まで付けて夏の句に仕立てあげる如才なさは、
さすが川柳人ですな。



[edit]

CM: 0
TB: --

page top

玉野市民川柳大会 

2016/07/04
Mon. 16:54

今頃何を言ってるんだと言われるかもわかりませんが、選者を引き受けるって大変なことだったんだな。
苦しかった理由は自分の中にある取る、取らないのラインの設定の誤りだと思う。なかなか数が合わなくて
途中からのぼせてクラクラしてくるし、冷や汗かなにかわからないものが吹き出してくるし、頭がガンガンして
くるし、いとくるし。選句後、常に携帯している頭痛薬を飲み、こんな情けない頼りない選者でごめんなさい、と
思いながら披講に臨んだのでした。

わたしが特選に選んだ句

   潜むには大きな音を出すカバン    川添郁子

「潜む」という題だと、○○が●●に潜むという単純な句になりがち(取り合わせ如何でおもしろい句になる)
ですが、この句は潜む場所の説明をちゃんとしてくれてありがとう、と思いました。ありがとうと思いながら
大きな音を出すカバンてどんなんやねん、とも思いました。人が潜むにはカバンは小さすぎだし、じゃあ
人が入れるくらいのカバンだと考えたら、それがそこにあるだけでばれてしまう。そんなツッコミを一瞬にして
済ませたあとは、そもそも大きな音を出すカバンて、と結局そこに戻ってくるのです。大きな音を出すカバン
を選ぶということは、そこに潜んでいるモノはそこそこ大きな音を発しているんでしょうし、大きな音「が鳴る」
ではなくて「を出す」ということでカバン自体に肉体や生を感じてしまう。
なんとも不思議なおもしろさを醸し出す句です。


普段から句会でご一緒している、近しい選者さんが多かったせいか、特に気負うこともなく(無意識には
気負ってるんでしょうが)投句できました。
今回の共選、いつもより重なりが少なく、それぞれの選者さんの個性が出た、よい大会だったと思います。
脱水(脱汗)による熱中症気味の選のあとのビールは最高に美味でした。



街中の鳥が主義なら潜むだろうね (潜む・軸吟)  陽子
太陽に月を翳して初潮あるある (太陽)   
胸骨がゆがむ金魚をこじらせて (姿勢)
火葬場のふっくらとした高低差 (高)



[edit]

CM: 0
TB: --

page top

北田辺6月句会 

2016/06/28
Tue. 23:57

先月号より
2円切手をしずしずと貼っておく   もも花
ケンケンは鰯の皮を剥ぎながら    律子
百グラム処女懐胎のカキツバタ    一筒
夏至まではブルースなんよ冷奴    ろっぱ
ステテコの角を豆腐に打ちつける   一筒
吾子はいま母のてのひらからのびる  ろっぱ


3か月ぶりの北田辺。おーー!すき焼きだ!うちではめったにしないのでうれしい。くんちゃんの新生姜を
使ったお料理はどれもおいしい。わたしも真似て作るんだけど、なぜか火を噴くほどに辛い。どうやら火を
通す時間に問題がありそうで、近々再チャレンジするつもり。
この日ろっぱさんと話をしたせいか、今日ろっぱさんが夢に現れる。ふたりで歩いていると変な男の人に
追いかけられ、襲われそうになった。、いつもの夢だったらここで声にならない声で、た~すけて~と叫んで
目覚めるんだけど、さすがろっぱさんがいると違う。「ちょと、アンタなあ。」ってその変な男の人に
立ち向かって行くのだ。やっぱり夢の中でも頼りになるろっぱさんなのであった。



冷酒ゆさぶってゆさぶって海鳴りす   陽子
なみなみと冷酒うみがめ三番地
腋がないすーすーすると思ったら
リストカットしたらムヒ塗ってあげる
殺し屋の紡いだ糸を買い占める
京橋の次は十三殴ります
にんにくにしては長すぎる上着
ガンダムに背広を着せて二歩下がる

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

気づいた、ある日。 

2016/06/20
Mon. 13:47

穂村弘のエッセイだったかにょっ記モノだったかに、風邪のひき始めに葛根湯を飲めば治るというので
その「ひき始め」にものすごく囚われ一分でも一秒でも早く飲まねば!という気持ちになってしまう
(で、一刻も早く飲みに行こうとして小指をぶつけたというオチだったと思う)、という話があって、その時、
あるある、と思ったのだけど、具体的に何かを思い出すことができないでいました。

ある日、牛すじを買って来てアクを抜くためにゆがいていている時、あ、これだ!と気づいたのです。
わたしは牛すじを買って帰る時、必ず帰ったらもう間髪入れずゆがきたいのです。買ってきてしばらく冷蔵庫に
入れておく間に、もし冷凍保存するにしても完全に冷凍される間に、じわじわとホルモン(=ほる(捨てる)もん)に
近づいていくような気がするのです。だから牛すじを買う時は、帰ってすぐに他の用事がないこと、ゆがく元気が
残っていることを自問自答してから買うようにしています。そしてまず帰ったらすぐに大きな鍋にお湯をわかし、
帰宅後10分後にはゆがき始めアクをすくっています。たぶんこの時のわたしはちょっと殺気立ってるだろうなと
思います。
ちなみに他の食材や調味料は、賞味期限過ぎても余裕で食べれます。
穂村弘の葛根湯とわたしの牛すじと気づいたときのうれしさと。

気づくと言えば、一日置きくらいに使っていた洗面所のハンドタオルがある日洗濯ものをたたんでいる時に、
えっ!?というくらい端がほつれてボロボロになっていることに気づく日、ありませんか。
昨日まで同じように使って洗濯してたたんでしていたのに、一日で突然ボロボロになったはずはないのに、
ある日突然目に飛び込んでくるのです。あれ、なんなんでしょうね。

目に飛び込んでくると言えば、言葉の見間違いが時々あります。
たまにそれで川柳を作ったりすることもあるので、わざとななめ読みしちゃったりなんかしちゃったりして。
最近似てるなあと気づいた言葉。
ポテトサラダとテトラポット。ランボルギーニとボラギノール。







[edit]

CM: 0
TB: --

page top

2016-09