数字。 

2021/07/30
Fri. 21:16

数字が苦手だ。ほんとうに。だから当然計算も苦手だ。

配達してくれる食パン屋さんがあって、一本670円なんですね。で、なるべくおつりのないように渡したいからピッタリ出すようにしてるんだけど、小銭少ししかなくて千円札で払わないといけない時、相手にも手間をかけないように自分も少ない方がいいしでおつりを500円にしてもらおうと思う。とっさにいくら出せば500円のおつりになるかわからない。で、結局千円出して330円のおつりをもらうことになるので前もって準備をしておくことにした。で、先週計算して、うんうん1270円だね、とパン屋さんに渡すと、えっ、、と、1170円ですね、って言われて、あ、そっかそっかなんて計算ミスっちゃったみたいにへらへらしながら、頭の中では、え?なんで?えと、損してない?どっちかが、って思ったけど、まあパン屋さんが間違えるはずないやろうと言われるがままに100円返してもらってことなきを得た。

そしてきのう。財布を見たらまたピッタリない。今日もかー。えーといくらだっけ。たしか1270円渡したら100円多かったから1170円だ。1170−670=500。よし。やはりパン屋さんは正しかった。

これってみんなどんな計算するんやろう、たとえば326円の買い物するとき、526円出すのと一緒やと考えたらいいねんね。それが1070円出すまでは私にもわかるんやけど、のこり100円よ。わかるねんで。今は。落ち着いて考えたら。でこれがまた数字が変わったらもうあかんと思うねん。やからパン屋さんにはこのまま670円据え置きでがんばってもらいたい。

こんなんやから、割り勘の計算も無理です。できる時もある。たとえば4700円はできる。2000円2000円の350円。(頭の中の計算な)。それが5700円になったら、5700÷2の筆算を頭の中でするのよ。ににんがし、17÷2は8の10÷2ってやってるともう千の位と100の位忘れてるもんね。さらにはさ、そんな時、あ、私大きいのしかないわってなって相手が700円あるあるってだすやん。もうなにがなんやらやん。いらんことすなーってなる。ね。信じられないですよね。自分でも信じたくないですしね。多分数学できる人からしたらなんで?ってすべてがなんで?ってなるんやろうと思う。

計算できないのはいいのです。騙されて損してても知らぬが仏ですしね。ただ相手に多く払わせるのだけは避けたいので酔った頭で懸命にします。

情けないけどそんな生活しづらいというほどでもないし、自分、不器用ですから、ってわたしは笑って生きていくのでできれば割り勘の計算はよろしくお願いしたい。

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

身長コンプレックス 

2021/07/12
Mon. 13:35

背の低い人も高い人もわたしからみたらちょうどいいやんって人にも身長コンプレックスはあると思う。

わたしは物心ついた時にはもう同じ歳の子より背が高かった。
学校というところは背の順に並ばせるじゃない。あれなんなんって今なら思う。これは多分小さい人と大きい人にしかわからない気持ちかもしれない。

中学の運動会のあとフォークダンスをするのが恒例の学校だった。そう、オクラホマミキサー。あれね、男子が後ろで女子が前で右手を肩の上で繋ぐんですよね。男子なんか半分くらいわたしより小さい。少しくらい小さいのはまだいい。さすがに20センチくらい小さいとなんやろ、オンブバッタ?背中の小さい方が実はオスやっていう、あれみたいやない?右手?向こうは伸ばそうとしてこっちはちょっとのけぞって、結局肩の上というより横ね。自然とそうなりますわ。

わたしも嫌やけど相手の男子も嫌やったと思う。やから背の高いことを申し訳ないとも思うようになった。

高校の時、運動会は大きい順に入場行進。背の高い子はバスケ部やバレー部の人たち、の中に無駄に大きい文化部のわたしという構図のいたたまれなさよ。身体が硬く(前屈で指のさきっぽも床につかない)体操すら苦手なのに一番前でその醜態を晒されるという辱め。実際親戚のおばさん(いとこが同級生)と母親に「一番前でロボットみたいやった。」と笑われた時の傷は多分一生消えない。自分ではできる限りのバネ(?)を使って体を曲げ伸ばししたつもりだった。それもこれも背が高いせい。中くらいだったら以下だったらどんなやる気のない体操してたって下手くそだって誰の目にもとまらなかったはずなのだ。なのにがんばって笑われるって。悲しかったし恥ずかしかった。

小学生の頃から早く大人になりたいと思っていた。なぜなら大人は背が高かったから。みんなの背が伸びてわたしもみんなと同じふつうになれると思った。が、それは幻想に終わった。わたしはどんどん成長し、いつまでも人との差は小さくならなかった。いつのまにか姉の身長も軽々と追い抜いていったし大人になる前に大人より背が高くなった。
背が高いのが嫌で少しでも小さく目立たないようにと下を向いて歩きどんどん猫背になっていった。
そんな希望も努力も甲斐なく大人になってもわたしはみんなより背が高いままだった。

人は羨ましいという。それもわからないでもない。若い時は好きになる人はやっぱり背が同じくらいか高い人がよかったので背がちょっと…ってなったりした。ヒールも3センチが限度。自分も嫌だし相手も嫌だろうと思った。

身長を聞かれるのも嫌だった。
学生の時最後に測ったのが確か170くらいだったと思う。ショックだった。ついに大台にのってしまった。でもそれ以降身長聞かれても、自称168か9ぐらい女で通した。イチキュッパ理論だ。160センチ台というだけでだいぶ印象が変わる心理作戦に出たのだ。

社会人になって身長を測ることもなくなって、あれは30歳前後だったかな、病院に行ったら身長計があって久しぶりに測ってみたらなんと171.5…⁈⁈
わたし史上最長。まだ成長しとったんか!って今でいうおいでやす小田くらい大声でツッコんだよね。いやほんとまじで。信じられなくてもっかい測りなおしたから多分(絶対な)合ってる。

で、そこでまた問題発生よ。170を168か9はまだ許せる範囲ちゃう?(興奮してきて関西弁になりがちやけども)171.5を168か9はちょっと罪の重さも罪悪感もまあまああるやん。やからそれ以降は170くらいっていうようになった。くらい。くらいって言葉はほんま世のため人のためにある言葉やなあとありがたく使わせてもらった。
170って言うと反応が違う。ぅへぇー!ってなる。やっぱり、うん、そうなるやん。やから言いたくなかってんやん。

そしてそれから月日は流れ最近はこう答えることが多くなった。170ぐらいやったけど、今は歳とったからもっと縮んでると思う。

どんだけ小さく見せたいねん。自分。

ってこれ書きながら自分に思った。書いて初めてわたしなんでこんなに身長にとらわれてんのやろって思った。


ほんでここからが本題やねんけど、最近中年なんちゃらで下腹がぽっこりさんしてきたので常にお腹を引っ込める生活を送ってたら猫背が少し矯正されたんか今までと視界が違って見えるようになったから背が伸びたかもと思って今朝身長(適当にやけど)測ったら170やった。

えっと……伸びたん?縮んだん?
詐称しすぎて自分のほんまの身長忘れてた。

ほんで書き始めた今日のブログなんやけど。
最後に測った時よりは縮んでるけど自称よりは高い。ということはどういうことなん?えっと、喜んでいいん?嘆いた方がええん?

170やで。わからへん。感情がわからへん。そもそも自分で測った身長やしな。正確な身長やないしな。ほななんで測ったんや言われたら、う、うん…何で測ったんやろなあ。身長がと言うより猫背が治ったことを証明したかったんかもしれへん。けど、結果ようわからんかった、ていう話。

わからん話すなー!なんやそれー!(おいでやす小田さんの声量で)


追伸。
書き終わって思い出してんけど、学生時代の身体測定ほんまにいやで、身長測る時もなるべくあらゆる臓器を縮めるようにして測ってたわ。








[edit]

CM: 2
TB: --

page top

洋服と川柳。 

2021/05/29
Sat. 11:04

冷蔵庫に寿命がきた。まずスイカが凍った。それを機にキムチ、卵、水、バナナ、牛乳、大根のツマ、大葉と病状で言えば日常生活に支障をきたすとこまできたので電気屋さんに行こうと思う。さて何を着て行くか、である。いや、どんな冷蔵庫を買おうかじゃないんかいとツッコまれた方もおられようが、それは行ってからのことである。まず何を着ていこう。店員さんにちゃんとした接客をしてもらいたいからちゃんとした格好で行きたい。大枚をはたいて買う久々の大型家電である。懇切丁寧に本当のところ(利点ばかりじゃないよってとこ)を聞きたいじゃない。ということで今日はちゃんと料理してますセレブ風で攻めることにしよう。

たとえば美容院行く時は普段これ系ファッションしてるんだったらこんな感じが好みなのかもと言わなくても伝わるようなちょっと個性的な服をチョイスする。

梅田に行く時となんばに行く時もそれぞれ違う。もちろん持ってる中での話なので組み合わせとかで違いを出す程度だけど。

ある日着ていたリブニットは首の詰まり具合がいいなあと思っていたら前後ろ逆に着ていたので、以降わざと前後ろ逆に着たりする。

今、というかここ6、7年探し続けているのがお洒落な喪服である。いかにも型通りな喪服を着たくないのだ。もちろん光沢や肌の露出に配慮しつつかつお洒落な喪服。というか喪服にもなる黒い服。

で、なぜこんな話をしたかというと、今、今月締め切りの川柳を使っているのですが、苦労してます。苦労しながら川柳とファッションって似てるなと。ここに出す句はこんな感じでとか、ちょっと置き換えるだけでガラッと雰囲気変わるとことか、意図せず前後入れ替えたらいい句ができたりとか、でもやっぱりわたしの求める川柳はどこにあるんだろうとずっと模索し続けてるとことかまさに喪服を探し続ける旅だよって思ったりしたわけです。そしてなんと言っても探してる時がいちばん楽しいってところね。

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

悲劇 

2021/05/17
Mon. 12:57

土曜日に買った太刀魚はそれは見事だった。肉厚で子持ちでスーパーに並んでいる太刀魚と全然違った。いわゆる映える太刀魚だった。

土曜日はカツオのたたきと紅ズワイガニとうな肝を食べ、日曜日にあさりと太刀魚と明石のたこを食べるつもりだった。

だった。そう。だったのだ。

日曜日、太刀魚をグリルで焼く。我が家は魚はグラタン皿に乗せて焼く。そのまま網に乗せると汚れるし洗うのが面倒だから。
いい感じに焼けた。皿を取り出そうとグリルを引き出したその時、、落ちた。一瞬すぎて何が起きたのかわからなかったが、、落ちた。グリルごと皿ごと太刀魚ごとすべてが床にぶちまけられた。皿は見事にひっくり返った。そう、食パンにジャム塗ってさあ食べようとして落としたらパンのジャム面が床面と合体というあの悲劇とおんなじやつ。

時が止まった。もう全てがいやになった。わたしはコトが予定通りに進まなかった時のショックが多分人より大きい。ああもうこのままどっか行きたい晩ごはんとかどうでもいいってなる。グリルは表の強化ガラスみたいなやつが外れている。私の強化顔面からも全ての表情が外れる、いや消える。ああ、明日からどうやって朝のパンを焼けばいいのか。取り寄せるにしてもしばらく時間かかる。どこに電話したらいいのかもわからない。そんな事今どうでもいいのにと今なら思うのだがその時はそういう頭に支配されているからどうしようもない。

気づいたらワイン蒸しにしていたアサリがぶくぶく湧いている。慌てて火を止めた。案の定アサリの身は縮んでしまっている。ああ、もう最悪だ。今日一日の楽しみがすべて一瞬で奪われた。

晩ごはんはまるでお通夜だった。たこには悪いけどあまり味がしなかった。明石に非は1ミリたりともない。

衝撃で外れたガラスはどうやっても嵌らず、どんなイリュージョンだよといらいらしながら結局ネジを外して分解してやっと元に戻った。明日のパンを思えばこその執念だが、なぜそこまで明日のパンに執念を燃やすのか自分でもわからない。わからないのが人生だ。

そして今朝、パンは無事焼けた。よかった。本当によかった。でも持ち手の部分がグラグラしてるのでいつかまた惨劇は起きるかもしれない。そしてまたへこむんだろうと思う。いや、起こる前に買い替えろよとも思うがそこに執念が燃えてくれない。わからない。

そして愛用しているグラタン皿が割れなかったこととやけどしなかったことと太刀魚もう一切れ冷凍してたことはこれ幸いと、今は思える。

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

一人。 

2021/04/12
Mon. 10:44

咳をしても一人ってあるじゃないですか。尾崎さんの。あれ、よくないと思うんですよね。この句で一人は孤独でさびしいもんだという強迫観念を植え付けられてる人いると思うんですよ。尾崎さんとて本当にそこまでさびしかったかどうかもわかりませんし。なんとなく一人のさびしさを楽しんでる風にも感じなくもない。たとえば句の最後笑ってみてください。「咳をしても一人なんだよ、はっはっは!」コロナ禍だからとかそういうのは抜きにして「おひとりサイコー様」はかなりの数いると思うのです。わたしも含め。(一人ではないんだけど)一人じゃないからそう思うんだと言われればそれまでだけど、不安というより不便な気はします。そして尾崎さんは決して不憫だと思われてほしくなかったとも思うのです。

なんで急にと思われたかもしれませんが、夜中から少し頭がふらふらしててちょっと寝苦しくて何度も寝返りを打ったりしながら色々考えていたのです。あーでも最高に体調の悪い時は寝返りを打ってもめまいがしてたことを思えば、これくらい屁だわー……寝返りを打ってもめまい…なんだろこの既視感…寝返りをしてもめまい…尾崎さんや。寝返りをしても一人や。違うけど。や、でもあれやんな、寝返り打って一人はええやんな。広々使えるし、いびきも気にせんでええし。あ、わたしがです。わたしいびき持ちやから絶対一人じゃないと寝られないんですよね(恥)なので尾崎さん、一人はいいですぞなどと考えながら朝を迎えたのでした。

 

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

魚屋さん。 

2021/03/28
Sun. 08:10

いやー、昨日食べたお造りが美味しすぎてブログ書いてます。ただただ美味しいもん食べた自慢です。すいません。

うちからひとつ目の角を曲がったところに軽トラが止まって近所のおばちゃんたちが荷台に群がってなにやらごそごそしてはるのを見たことがあった。わたしは車で出かけるところだったのでそのまま通り過ぎて、なにかの行商らしいことはなんとなくわかった。が、すぐに忘れた。

そしておととい金曜日、お向かいさんと話してて、お魚売りに来てるの知ってる?あ、あれや。記憶がよみがえる。お魚売りに来やんねん。この前初めて買ったけど結構おいしかってん。あれ、魚屋さんなんや。へー。まあこの辺坂道の街やし高齢化やしで車で売りに来はるんかなー程度ですわ。こちとら言うてもまだ若いし買い物も車でぴゃっと行くし。ほなじゃあ今度来たら教えてください言うて、忘れた。

次の日、お昼ごろインターホンがなった。お向かいさんや。なんやろ。はーい。お魚屋さん来はったて。あー!はいはい。お魚屋さんね。すっかり忘れてたわ。そういえば土曜日言うてはった。お財布持って追いかける。

ほんま。荷台に色んな魚が並んでいる。さばいてあるものからないもの。ほたるいか。たこ。かわはぎ。にしん。しらす、、えとせとら。佃煮やお漬もんまである。でもない。あれがない。値札。え、なんで。ここは大阪、いやちゃうわ兵庫やった。そうやここは兵庫。値段とか誰も聞かへん。知らんけど。ほんならわたしもよう聞かん。恥ずかしい。

その日は晩ごはん多分ふたりやからあんまりたくさんは買われへんけど、やっぱりお造りやなあ。こんな軽トラで売りに来た魚だいじょうぶやろか。ぬくぅなってないかな。とか考えたけどやっぱりお造り。楽やから。うちもふたり、お向かいさんもふたりなので、まぐろとカンパチ半分こずつにしてもらった。とりあえず今日はそれだけで。たくさん買ってもなあ、せっかくのおいしいやつ冷凍するんもったいないしなあ。とかなんとか言いながら値段もやけど、なにより味の不安よ。

1200円と1300円です。え。高っ。思ったより高かった。ちょっと少ないけどいろいろこわくて遠慮してこの値段。やのにお向かいさんももしかして高いって思てるんちゃうかと思ったらもう口が動いてた。あ、じゃあ1300円の方いいですか。なんやこいつ。ほんま自分でも意味わからん。お向かいさんは一回買ってるから値段知ってはるやろし、多い方が良かったかもしれへんのに、そこはどっちにしましょでええやん。気の使い方がほんま間違っていると後からほんま反省した。

晩ごはん。どきどき。まぐろなめっちゃ赤いねん。うーん、赤い言うか透明感のない赤。鯨?レバー?とも違うけどそんな感じ。あ!あれや。赤いこんにゃく。あれみたいなん。つるんもたんってしてるねん。すじがないねん。何となくぶあつめに切ってそれを半分に切って、ひとり4切れ。カンパチ少し分厚めひとりふた切れ。けど断面は大きめ。立派なお造り。650円のお造り。あれ?そんな高ないか。お店で食べること考えたら全然高くないか。いざ実食。

まぐろ。なんこれ。え。まぐろ?これがまぐろやったら今まで食べてたんは何?魚かどうかも怪しい。くらい味濃い、身というより肉。もっと言えばまぐろとディープキス。こんな飲み込みたくないまぐろ人生で出会ったことなかった。
次カンパチ。のってるー。あぶら。醤油に油膜こんな張ります?あぶら乗ってるのにしつこくない。甘い。下手くそな食リポかと言われてもいい。ほんまそれに尽きる。歯応え適度にやわく適度にかたい。

ほんま生きててよかった。あなた(お向かいさんもやしお魚屋さんもやしお魚)に会えてよかった。
だいじょうぶやろかとか、高って思ってた自分ほんまごめんなさい。今度の土曜日は何買おう。ああ土曜日が待ち遠しい。

 
  魚屋と出会う桜が咲いている ようこ

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

北田辺句会桂屯所 

2021/03/23
Tue. 09:24

雨にも負けず風にも負けず低気圧にも負けず行ってきました。この日やったら行けると思いちかるさんを誘ってしまったのだ。誘った後午前中に予定が入り疲れやすいわたし、誘ってなかったら絶対行ってなかった。缶コーヒーくらいわたしは自分に甘いのだ。ちかるさんが駅まで迎えに来てくれていた。(え、私のこと好きなん?)途中で雨が降り出したとかで相合い傘で会場まで歩く。どきどき。とぼとぼ。ターバンの話や辛夷の話などした。会場に近づくと誰やら両手を大きく振っている。奈々ちゃんや。(え、私のこと好きなん?)中に入ると「元気やん。」言われたけど、そらちかるさんと奈々ちゃんのお迎えで雨とか低気圧とか吹き飛ぶわ。気分は高気圧やん。急いで投句。お待たせしてほんとうに申し訳ない。そのかわり楽しい句会にしてみせます。みたいな無駄な正義感発動するねん。でつい飲みすぎるっていうよくないパターンですよね。気をつけたい。句会の後京都のよーこさんも参加して飲んだ。半年ぶりの句会楽しかったなー。半年ぶりやから?(やめなさい。)


「市」肉じゃがに市原悦子の毛髪が  ようこ
「外」洗っても洗っても洗っても芋
「局」局長とその愛人のだし茶漬け
「番」番犬がとてもレースで透明で
「雑詠」コロッケは6個と言ったはずである
「雨」雨傘にしては白菜寄りである


[edit]

CM: 6
TB: --

page top

恥ずかしがり 

2021/03/07
Sun. 09:02

元来恥ずかしがりだったと思う。恥ずかしいというか、かっこ悪い恥をかきたくなかった。

中学校1年の授業だったかホームルームだったか忘れたが、先生がこのクラスで1番手をあげて発表しないのは誰ですかと聞いた。クラス全員がざわざわして、私は俯いて内心どきどきしていた。誰か男子だったと思う。「◯◯さん(私の旧姓)だと思います。」わたしはやっぱりと思うと同時に顔から火が出るかと思うくらいの恥ずかしさにさらに俯いた。自分ではもちろん気がついていたけど他人からも気づかれていたことが恥ずかしかった。さらに悪夢のような時間は続いた。「◯◯さん、どうして手を上げないんですか?」多分もうあれこそ蚊の鳴くような声というんだろう。「間違ってたら恥ずかしいからです。」と私は答えた。何がテーマの話だったのかなぜそんなことを先生が言い出したのか、その後のことはもう頭の中が恥ずかしいでいっぱいでおぼえていない。

あの頃に比べたらだいぶマシになってると思うけど、まだまだ恥ずかしがり屋だと思う。自分がかっこ悪くて恥ずかしいと思ってたことをおもしろがってくれる人がいると、あ、これは恥ずかしいことじゃなかったんだってわかって恥ずかしい項目が少しずつ減ってきた。恥ずかしいが減るととてもうれしいしすごく楽になる。

これからもっともっと歳をとったら恥ずかしいことなんてなくなるのかな。それとも恥ずかしい恥ずかしいと思いながら死んでいくのかな。そんなことを考えながら歳を取るのも愉快だな。


  お構いなく開く天国の引き戸  ようこ

[edit]

CM: 2
TB: --

page top

老い。 

2021/01/25
Mon. 10:22

老いが着実にやってきている。
やはりなんといってももの忘れ。忘れと言うか覚えられない。(一緒なのかな)何を買わないといけなかったかとか、人の名前とか、花の名前とか。それらはもうだいぶ諦めがついてきているのだが、観た映画のタイトルはもちろん、内容まで忘れてしまうのは本当にかなしくてたまらない。

4歳歳上の女友達がグループLINEでみちょぱとゆきぽよが別人だったと昨日知ったと言ってきた。すると6歳上の女友達がお店で店員さんとお客さん間違えて声かけたと言う。二人を知ってるわたしから見たらそれは老いではなく君たちの特性だよと思ったりしたのたが、わたしは物忘れがひどいと言うと、中では一番わたしが若いので、サカキさんはまだまだ。55過ぎるとぐんと落ちるからね。外見も頭の中も。って脅され老い自慢大会は尽きない。60過ぎた1人はもうわたしはだめ、と諦めモード。あれなんだろうね。自分より若い人の老いを認めてくれないの。わたしもそうなんだけど、「まだ若いのにー。」って言ってしまう。その歳にはその歳なりの老いは確実にあって自分も通ってきた道なのにね。

運動不足のせいか体の衰えもすごく感じる。関節が痛い。あ、今わたしおばあちゃんみたいな動き方してるって自分でもわかる。髪の毛も細くなって頭がすうすうするようになって育毛剤付けてマッサージしたり、法令線ができないように枕には頭の上の方だけ置いて寝たり、人には見せられないような顔体操したり多少は努力しているが果たして効果があるのかどうか。

今日は待ち合わせの店の場所が分からなくてなって泣きそうになる夢を見た。おそろしい。わからなくなることがおそろしい。わからなくなって人に迷惑かけたり悲しませることになることがおそろしい。

おそろしいけど今は笑える。笑えるうちは笑っとこう。笑って笑って許してもらおう。だからわたしも笑って許してあげられる人になろう、と思う(できるだけ)。


 老人のまま書類になっている  ようこ

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

うみの会 

2020/11/04
Wed. 12:28

行くと楽しいんだけど、行くまでの行きたくなさがとにかくすごい。なんとかならぬものか。

今回はなんとなかはられいこさん、瀧村小奈生さん、青砥和子さんが参加。
それにしてもみなさん上手に説明しはるなあ。たぶん行きたくない理由はそこなんだよね。わたしなんか当てられても日本語覚えたてか!みたいやもん。カタコトネー。カタコト言うなまっすぐ夜になれ。(みさ子さんに謝れ)

れいこさんがうみの会の評は厳しいと言われてましたけど、なんのなんのねじまき軍団もなかなかやと思いました。


 光をちょうだいアリスの煮浸しに(アリス)ようこ
 水栽培できるアリスもアボカドも
 ハンカチがきれいに顔を畳みにくる(雑詠)
 林檎煮る後ろを通る赤の他人

たのしかったな。

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

冬瓜 

2020/10/20
Tue. 17:07

女子会がありました。Nさんが全員に冬瓜を担いできてくれました。お店はかなりうるさくて声がよく聞き取れません。 Mさんが『青い冬瓜が・・・』って話し始めたのですが、冬瓜が睾丸に聞こえて、聞き間違いと承知の上で、やはりここはあえて空耳ボケをかましとかないとなと思い、できるだけまじめな顔で『え?睾丸?』って聞き直し、にやにやしながら完全無欠の『なんでやねん』を待っていたのですが、『そうやねん青い睾丸の猿がいてんねん。』って返ってきて、なんというか非常に悲しかったです。

 
  猿に発情期冬瓜に秋が来る  ようこ


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

鬼滅の。 

2020/10/19
Mon. 10:17

ワンピースもドラゴンボールも読んだことも観たこともない漫画ど素人のわたしが言うのもなんですが、鬼滅の刃のおもしろさがどうにもこうにもわかりませんのです。世の鬼滅ファンの皆さま、心の底からごめんなさい。

先日金曜ロードショーで放送されてたのを観たんだけど、一夜目、途中寝ました。目が覚めると最後の方で、頭がたくさんある鬼を倒したところは観れました。わざわざ巻き戻して観直す気も起きず、鬼殺隊として続く二夜目から流石におもしろくなるのだろうと観ていたらまたもや途中で寝てしまいました。目が覚めるとまだやっていて、一応終わりまで観ました。寝てた間にすごい展開や核心となる事があったかもしれないので偉そうなことは言えないんだけどね。

観たとこだけで言うと、心情のセリフ長くない?こうなるまでにこういうことがあったんですよって伝えようとする意図はわかるけど、あまりにも説明すぎて、しかも教訓くさくて、ふつーに、こいつの心の話長いなってなりましたね。そんな回想してる間に殺られるし、殺れるやろ。漫画やから、アニメやから、ってそれを言っちゃあおしめぇよ。それは逃げだからね。そして鬼が人間だった頃を思い出すシーンの家族の絆とか、めっちゃダサい。お涙ちょうだいって言うてしまってるやん。そしてちょいちょい挟まれるギャグ?みたいなやつ。なんでそこでおちゃらけが必要なんだ?死ぬかもしれないんだよ?あれか?10分に1回は濡れ場を入れなければいけないロマンポルノみたいな?そういうルールがあるん?あと、柱強っ。そんな一発で倒せるんやったら最初から柱が戦えばええんやん。まだいい?決め技の名前、カッコつけすぎてようわからん。水の呼吸うんたらかんたらってやつ。必殺旗つつみでええやん。岩返しでええやん。お願いやからプロゴルファー猿見習って。

ひとつだけ共感できたのは、禰豆子の体力は寝ることで回復するってとこ。わたしと一緒やん。

こういうのって書くことでスッキリするかと思ったけど、ただの悪口みたいでいい気しないし、みんながおもしろいと思ってるものをつまらないと思ってしまう自分が実は1番つまらない人間なんじゃないかって思うし、やからわたしと話してもつまらないんやわ、やから友達少ないんやわ、やから他の人の川柳を受け入れる器が小さいんやわ、やから川柳でも何でも中途半端で続かへんのやわ、やからSNSは苦手なんやわ、やからやっぱりひとりがいいねん、やからやから祭りか!しかもめっちゃネガティブ祭りやん。ほんでめっちゃ飛ぶやん。うん、そういうとこある。鬼滅のせいでわたしの悪いとこ出た。

鬼に取り憑かれたんかな。
誰かわたしの中の鬼を殺して。
できうれば、痛くないやつで。


 早起きの人にも鬼の血は流れ  ようこ


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

わらび餅 

2020/10/13
Tue. 10:29

おいしいおはぎ屋さんがある。
おはぎも季節ごとに素材が変わってとてもおいしいんだけど、ここのわらび餅がなんというかもうそれは二の腕なんである。

何を隠そうわたしはおばちゃんの二の腕フェチである。たるみと言ってしまえばそれまでなんだけど、長い年月を重ねて熟成されたあの柔らかさは人体のどの部位にも劣らない、トップオブたるみなのだ。

かねてより、おばちゃんの二の腕はわらび餅みたいだと形容してきたわたしであるが、実はさすがに噛んだことはない。(噛みたい衝動はもちろんある。)
おばちゃんの二の腕がわらび餅みたいと言いながら矛盾もあって、わらび餅を食べてもちろんおいしいのはおいしいけどおばちゃんの二の腕を食べている気分になったことはない。

が!が!である。
ここのわらび餅を初めて口に含み、一口噛んだ瞬間、おばちゃんの二の腕や!っと思った。ひと噛み、ふた噛み、柔らかいのに噛みきれない弾力。逃げていく肉。いや、餅なっていうツッコミとかしてる場合じゃないのよ。噛み切れないのにいつのまにか溶けるようになくなっている。あれ、わたしの二の腕ちゃんはいずこへってなもんなのだ。そして、2個、3個と頬張っては消えていく幸せという名の不幸せ。
ていうか柔らかすぎて噛みきれないってあるんだね。もはやグミなんか石だよ。噛み切れる石だよ。

 
 二の腕の残りを裁縫箱にしまう ようこ

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

電車 

2020/10/11
Sun. 09:01

電車に乗るとつい人間観察してしまう。

気になるおっさん発見。いかついサングラスにマスク。うわ、目合わさんようにしよ。ん?んん?マスクに、、う、さ、、ぎ?これが噂のおじカワか?!

全身黒ずくめの女性。ぱっつんボブ。皮の短いタイトスカート。黒ストッキングにヒールの細いブーツ。女王様のご出勤?このあと存分に鞭を振り回していただきたい。

マスクをしていないサラリーマン風の男性。まあできない理由は色々ありますしね。わたしもたまに忘れますし。と、おもむろに鞄から何かを取り出したー。慣れた手つきで鏡を見ながら顔にちょんちょんって何かを塗ったー。コンシーラー!わお。営業マンなんかな。時代を感じるわぁ。

 
  梅田行き最後尾車両の葱畑  ようこ


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

北田辺桂屯所 

2020/09/21
Mon. 11:58

久しぶりの句会。
コロナのことは少し忘れて、食べて飲んで喋って歌ってハグをして。
久しぶりに会うみなさんはどこか変わったような変わってないような気がしました。
ちかるさんが蚊帳で作った服を着てはりました。


スタッフは霧と案山子と空き瓶と(スタッフ)
スタッフが雨のしずくを外耳道
こんにゃくが10年ぶりに振り返る(マイナー)
土砂降りの帽子屋へゆくフラミンゴ
ひれ伏してよバカラで飲む麦茶(レディ)
いちぢくの皮を上手に剥くレディ
買わないと損か得かはホトトギス(ショップ)
話しかけないでくださいそんな目で
水は血と涙で溺死したいんよ(雑詠)
蝶の尻まことしやかに収縮し
純一の一はトイレットペーパーの芯(純)
純潔や御免ください左様なら

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

 

2020/08/29
Sat. 14:19

朝、着替える時鏡を見たら、左胸と鎖骨の間にキスマークがついていた。
虫によるキスマークですけどね。(吸われたのには違いない!)

ドライフラワーに沼ってからというもの、虫刺され率が高く、庭で刺され、庭から持ってきた植物に付いてたものに刺され、足も腕も子どもか!みたいで恥ずかしい。
多分目に見えない奴らだと思う。とにかく痒いし(何日も!)跡は残るしで、田舎もんみたいでかっこ悪いので、ちょっと街に出かける時は(田舎もんやん)、絆創膏で隠したりするのだが、それもどうなん?という感はある。

これまで目で確認できた虫は、カメムシ、カナブン、バッタの赤ちゃん、蜘蛛、尺取系、蛾、蟻。ある日天井にかまきりの子どもが逆さまに止まっているのには驚いた。
みんな殺さずに庭に戻してあげる。カメムシを逃がすと言ったら近所の人にびっくりされた。その人はガムテープに引っ付けて獲って捨てるらしい。それはそれでぎゃーである。
この前は、取ってきたドウダンツツジにセミの抜け殻が付いていて、通るたびにギョっとなるので、今セミの抜け殻は別のところに飾っている。
それにしても痒い。

 カマキリの持ち方 ブラジャーの外し方 ようこ



[edit]

CM: 0
TB: --

page top

作る 

2020/08/29
Sat. 11:13

スワッグ(花や葉を束ねたもの)を作るのと川柳を作るのって似ていることに気がついた。
作り方というか出来上がるまでの持っていき方というか。

何種類かの花や葉を好きな形や色合いを考えながら組み合わせる。
これは川柳で言葉を組み合わせていくのと同じ工程。
もちろんこの時すでに自分の好みのイメージに近づけている。

一応形になる。飾る。
川柳の場合、一応形になる。置いておく。

スワッグを時々眺めながら、ここのスキマが気になるからなにか見繕って加えたり、この花は傾きすぎてるから下に支え的なものを差し込んだりする。
これはまさに川柳でいうところの推敲。

でも、どちらにも完成はない。

そして、誰かのためにスワッグを作る難しさ。こちらの好みを押し付けるわけにいかないし、かといって相手の本当の好みなんてわかっているようでわかっていない。
川柳と同じ。

スワッグも川柳も、もしわたしが作ったもので気に入ったものがあったらどうぞ持って帰って、というスタンスがわたしには合っている。


 エビピラフ作るエディット・ピアフかな ようこ



[edit]

CM: 0
TB: --

page top

ドライフラワー 

2020/08/06
Thu. 09:16

外に落ちてるカサカサになった葉っぱや枯れた花を見て思う。
ドライフラワーはフレッシュな状態を乾燥させカサカサにさせる。
自然死とその真逆。
切り花にされた時点で殺され、命の水をもらえないまま吊るされ、枯れていく。
でもその後何年も私を愉しませてくれる。
花の本望はどこにあるんだろうか。

ご近所さんに紫陽花をいただき、ドライにさせていただく。
植物の命を「いただいて」るんだなあとつくづく感じる。
坊さん化している。

ちゃんと成仏するんだよって思いながら、ん、まてよ、ドライフラワーはドライフラワーとして生きているわけだから、そこに魂はまだ残ってるのか。なんて頭の中でぐるぐる考えてしまう。

 
 くれぐれもお体紫陽花くださいね  ようこ


先日ドタキャンした句会の句。(ごめんなさい)

紫陽花のドライたくさんできました。それなのにもっと欲しいと思ってしまう。
足るを知れ!(全然坊さん化してない)



[edit]

CM: 2
TB: --

page top

凝り性 

2020/07/06
Mon. 13:01

凝り性である。(肩こりじゃないほう)
現在もっぱらハマっているのがドライフラワー。
庭のスモークツリーを切ってドライにしたのが始まりで、家にちょこちょこ作って飾ってたドライフラワー(過去に一度ハマった時の名残、ということは今回第二次ブームなのか)を束ねてブーケ風にして壁に飾るスワッグ(というらしい)を一気に7個ほど作り、それでも足りなくて、今はドライフラワー屋さん?っていうくらい庭からドライになりそうなものをせっせと刈り込んでは吊るし刈り込んではつるす毎日。
売ってるんですけどね、ドライフラワー。でも作りたい。高いしね。乾かす過程も好きだしね。もともと断捨離体質なので、お金かけたら捨てられないことは重々承知の介なのです。
あ、わたし凝り性なんだけど飽き性でもあるので。

この前は歩いてたら庭の剪定してるお宅があって、シュロの葉っぱと実と紫陽花を抱えるほどもらってきました。もう、そこら辺に生えてるもの何でもドライにしたくてしたくてたまらないたまらない。

川柳はしばらくおあずけ。

 
 紫陽花を筆頭にして快楽殺人 ようこ


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

雨曜日 

2020/06/10
Wed. 12:06

広瀬ちえみさんの句集。
タイトルの文字の雨つぶがかわいくて、表紙のブルーのなかの黒が効いている。

ちえみさんの句はわかりやすい。いや、なんか違う。川柳でわかりやすいと言えばあまり褒め言葉にならないからなー。最近よく使われるあれ。「いい意味で」わかりやすい。いや、そんな取ってつけた言い方はよくないです。しいていうなら若い子がよく使う、わかりみ。これがいちばん近いかも。
句の意味が理解(自分なりに)できて、その思いに共感できる、うんそう、わかりみが深いんだわ。

これはどういう意味やろ、とんな気持ちなんやろと考えなくてもそういうことなんやろなあとわかるので、読んでるんるんしてればいい。句集を読んでるんるんするなと教わったわけではないけれど、そういえば、わたし、るんるんしてこなかった。そんなことに気がついた句集なのでした。


  かんぶにもこんぶにもいいきかす ちえみ
  そのみちもどのみち雪になりますの
  棒をふる仕事と棒にふる仕事
  帽子ぬぎ靴ぬぎ光ることをする
  御神輿の端を持ってるふりをして
  楽器みな海水浴に行っており
  バイオリン畑のバイオリンが鳴る
  夜行性だから夜行性に会う
  あの鳥がほしいと言えば撃つかしら
  聞いていた話とちがう窓の位置
  なんみょうほうれんそうを一品に
  小鳥屋に死んだ小鳥の数を聞く
  午後からは豹が降るかもしれません
  ぶよぶよは相当深いところまで
  






[edit]

CM: 2
TB: --

page top

2024-04