北田辺7月句会 

2015/07/29
Wed. 00:52

わたしの作句コーナー(と勝手に名付けているソファがあるのだ)に誰か座っている。
逆光でよく見えない。誰や。
えっ!ゆみ葉さん!?うわ~はじめましてやん。(北田辺では)
ぉおおお!柊馬さま(←指が勝手にさまと打ったのでそのまま使用) 
くんちゃん、うれしいなあ~。あ~今日どこで作句しよ~。
あらんさんが持ってきてくれはったというどぶろくを味見。おーすっぱい。
これぞ密造酒やねという声に、ああ、きゅうちゃんに密造酒の句あったなあ。
  
いろんな思いが交錯する。

そんな中、とりあえず食べる。呑む、だけど、なんか落ち着かない。
理由はしおとちゃん。天敵なのである。油断してようがしてなかろうが槍のような刃物のような
言葉でメッタ刺しなのである。
そんな諸々で席題がはじまったころにはすでに心が疲れきっていた。
こんな時、自分の繊細な神経を呪わずにはいられない。ああ、剛毛の生えた心臓が欲しい。


吹きっぱなしの金鳥姫とアース姫   柊馬
お姫さまをきつねは赤い花にした      ゆみ葉
ゆずる筈のおもちゃを抱いている     律子
平凡な顔の警察官が来る     紫乙
黒毛和牛いちじくの葉をゆずられる   樹
くまモンの中身はサザエさんである   一筒
殿さまが残高照会しているよ    律子


後半は残った8人?9人?で封筒回し。さらに雑詠1句出し。2回?
そうだ、そうだ、最後は柊馬さんに選をお願いしたんでした。
もうこのへんから記憶が断片的。
にもかかわらず、楽しかったっていうことは体がちゃんと憶えている。
ゆみ葉さん作きゅうりのきゅーちゃんがおいしかったのも憶えている。
笑いすぎたせいで翌日はおしりが筋肉痛。


つゆだくや姫やわやわとひしめいて
おばちゃんを塗っているのでべたべたする
昨日の棺のふたをゆずられる
ワイセツなことに突発性難聴
民意かなニュースは清く尿意だろ
ポポちゃんを抱いて眼精疲労なり
人形をピンクの毛と肉に分ける
ホテルオークラ殿の目が青い
いけにえはてるてる坊主プレミアム
父のスカートからプレミアムが香る
遠花火蛸は全身顔である
面識はないが扇子をプレゼント
電線だらだら暗黙の羅列
かまきりの頭は風紀委員長
生ごみになるまで膝を吸いつくす
目頭に量産されていくキツネ
レプリカのきみに赤みを足してやる
真実はやや三つ編みの老婆かな
口角に増える三文占い師
増えすぎた少女のゆるい噛み合わせ
あごのない死体を入れる雨後の月
太郎を嗅いで次郎を密売す





[edit]

CM: 2
TB: --

page top

2015-07