木馬2015・秋 

2015/11/27
Fri. 00:09

木馬146号の作家群像にとりあげていただき、石田柊馬さんと飯島章友さんが文章を寄せて
くださいました。
未発表句30句を含む60句を載せていただいたのですが、まとまって読むと、なんともまとまりが
ないというか、地に足がついてないというか、足にいきなり頭がついているというか、一貫性が
ないというか、貫くほどの信念もないんだろうなというか、まあそれがそのまんまわたしということに
なるんでしょうけどね。

いやあ、まいりましたね。作句する時に問答を意識したことなどなく、え?みんな、そんなことしてるの?
というか、どんなことしてるの?っていうね、そんな初歩的なことも知らずに十数年川柳を作っているのを
柊馬さんにはまんまと見破られておりました。
でも、中村富二の言葉と言葉の衝突や、庶民的な共感性、渡部可奈子の大胆な省略と同様のものが
わたしの句の中にあるというお言葉、恐縮至極。だからわたしは富二も可奈子も好きなんだとその理由が
わかりました。
わたしの川柳は人の真似をすることから始まっているので、○○さんっぽい句というのがほとんどだと自分
では思うんです。でもその中にもわたしっぽさが少なからずあって、それがわたしの固有性と言っていただけ
るのならこんなうれしいことはありません。

飯島さんの川柳プロレス中継。ツッコミどころ満載。いつも冷静沈着な飯島さんのおもしろい一面がかいま
みえ、ニタニタしながら読ませていただきました。ベタ、言葉遊び、破礼句、悪意、社会性、コトバ化と
オールマイティ・・・飽き性なだけなんですけどね。あっちも楽しそう、こっちも好きっていう、飽き性っていう
より、浮気性か。
「みんながマジメに走るので、私、フマジメを独占させていただきます」のくだりは最高。ほんま、まさに
そんな感じです。そして胸のすく川柳、そう言われると前意識でそういうのを狙ってる気もします。

こそばゆいです。と同時に見透かされているというのはこわくもあり、作句してるとこれらの言葉がチラチラ
こっちを見ながら行ったり来たり覗きこんだりするんですよね。ま、たまに睨み返したりするんですけどね。

木馬さん、柊馬さん、飯島さん、ありがとうございました。



[edit]

CM: 0
TB: --

page top

2015-11