9月日記。 

2015/09/27
Sun. 00:13

9月某日
トイレのリモコン(流す、洗浄などの)が反応しなくなったので修理にきてもらう。
お兄さんが反応しなくなった理由を説明してくれる。
「受光部分がさみしがってますね。」

まじめそうなお人柄に聞き直すことができず。


9月某日
エスカレーターの前のおねえさんが腰ぐらいまでのロングヘアー。
髪の毛をやたら気にしている。乱れ具合からして貞子にまちがいないと、
顔を確かめようと思ったが、貞子の顔を知らないことに気づく。


9月某日
バスを待つ。
ふと、有名になりたいな、と思う。
でもメジャーにはなりたくないな、と思う。


9月某日
バスを待つ。
ふと、かいかぶられるのはいやだ、と思う。
でもみくびられるのも同じくらいいやだ、と思う。


9月20日
文学フリマのお手伝い。
となりは阪大短歌会さん。短歌男子やねと言うと、はい、短歌男子です、と答える。かわゆい。
大阪のおばちゃんよろしくさっそく川柳を売り込む。
「川柳カード」という名前に「カード、、、じゃないんですね」と何人かに言われた。
そうか、最近の若い子は、カードといえば対戦カードなんだ。がっかりされてがっかりする。
短歌や俳句の若い人たちにも買っていただいた。川柳をあまり読んだことがないという人にも
買っていただいた。ジャンルは違えど言葉、文芸に興味のある人たちとの交流はとても刺激的で
楽しい1日だった。


9月某日
そうか、「ねばーるくん」と「あばれる君」は別人物なのか。


9月某日
体育の先生になった同級生のKくんの現在、
「AV男優みたい。」だそうな。
分かったような分からんような、けどわたしのイメージするAV男優を想像し、爆笑。



[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2020-04