川柳杜人 

2015/10/07
Wed. 00:47

川柳杜人(発行人 山河舞句、編集人 広瀬ちえみ)に「榊陽子のレトリック」というタイトルで
全郎さんとかがりさんに評論を書いていただきました。

なんなんですかね、レトリックって。調べてみると言葉を巧みに用いて効果的に表現する技術、ということらしい。
この巧みにっていうとこにひっかかるんですけど。わたしは善良な市民を騙す詐欺師か。
これはちえみさんからのにこやかなる一発として受け取りたいと思います。

最初は全郎さん。
初めて参加した大会で特選。その後も大会のたびに準特選など、頂いてたんですね。いや~わたしも
結構やるやん。て言うてる場合か。ちゃうちゃう、まったくもう。原稿依頼があったと聞かされた時に、
「絶対けなしてや。」と念押ししていたのに、話が違う。『常套句や行きすぎた句にならないバランス感覚が
優れている』だの、『想像しやすさとモヤモヤ感の共存で読み手を遊ばせるバランス感覚がある』だの、
『作者としての直感が強み』だの、恐れ入ります。いつも辛口のぜんちゃんに褒められるとまあ、悪い気はしないが
へんに落ち着かない。が、だんだん雲行きあやしく、『最近はこのバランスを崩しているように感じている。』
ハイ、来た。上げといて落とすやつね。
わ、ほんまやわ、いや~恥ずかしいわ~、それ言わんといてってことが次から次へと。
そうです、ウケよう思てます。しかも自分がおもしろいと思ったことが、そのまま句に出てしまってるらしいですわ。
もっと演出に気を配って読み手を楽しませろと。ハイ。(なんて素直なんだ)
そして、以前のような平易な言葉を使って句を書くことに物足りなさを感じ、「ころす」など「使ってやった」感に
浸っている句が多くなっているとも。ハイハイ。(ちゃんと聞いてるって~)
でも、最後にはやさしく手を差し伸べてくれてます。

そして次はかがりさん。
かがり節が炸裂、いや爆裂しております。
これはわたしが白雪姫になって喋ってるのでしょうか。で、私を慕う7人の小人(ここに出てくるのは6人だけど)に
ダメ出ししていくという内容。
その小人の名前がとてもおもしろい。不安多爺(ファンタジー)、絵漏(エロ)、愚漏(グロ)、然吐ぃ巣人(サディスト)、
魔増悲巣人(マゾヒスト)、軟栓為(ナンセンス)。わたしの句をこれらに分類して言いたいことを言うのだ。
でもね、これ結局わたしが6つの顔を持ってるっていうことなんですよね。
なにを隠そうわたしはエログロナンセンス好きなのである(隠れてないか)。そしてわたしの中にSっ気とMっ気が
あって、それがやっぱり句にも現れてるんですね。なんともお恥ずかしい限りですな。


全郎さん、かがりさん、そしてちえみさん、ありがとうございました。
これらを胸に、今後とも精進してい・・・けるかどうかはわからない。(by不安多爺)

こうやって面と向かって(紙面と向かって?)褒められたりけなされたりするというのは、右肩をそっと掴まれて、
これでいいのか、こんなんでいいのかとやさしく揺さぶられ、問い詰められているような居ても立ってもいられない
気持ちになるもんですね。


(同人作品より)
セクハラもパワハラもないまんじゅうは 浮 千草
ゴミ箱の中に一軒家が建つ       都築裕孝
その先を問えばすずめに聞けと言う   鈴木せつ子
三日月が見ている血縁のその後     宮本めぐみ
幽霊は腹筋だけで立っている      鈴木節子
暑苦しいぞカンナのひとりごと     加藤久子
人間の舌は上手にできている      鈴木逸志
目の中に入れていたものお見せする   広瀬ちえみ
つまづいた花の芯など確かめる     大和田八千代
右側に行ってみようとういう首輪    須川柊子
アメリカにお手々引かれてホルムズへ  山河舞句
洟かんで擤んで日本をからっぽに    佐藤みさ子





[edit]

CM: 2
TB: --

page top

コメント

陽子さん
「杜人」の榊陽子論とても面白く読ませて頂きました。
たしかに「ササキサン〜」の頃の句からみれば最近の陽子さんは自身の闇の部分(エロ・グロも含めて)を強調した句が目立っていますが、かまへんかまへん。
世のおぢさん達はそんな陽子さんにもまたキュンしてまっせ!
先ずは靴を脱いで、そこから…なんだと思います。

一艘 #- | URL | 2015/10/09 11:44 * edit *

一艘さま


せめて川柳はきれいごとで済ませたくないというのがあります。
なんて書くと現実はきれいごとで済ませてるみたいで語弊がありますが。
一艘さんにそう言っていただいて、これからも心置きなく書くことができそうです。
でも一艘さんはきれいな心の人やからな~。
わたしの闇を見て引かんといてくださいね。゚(゚^∀^゚)゚。

ようこ #- | URL | 2015/10/10 00:11 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2020-04