北田辺10月句会 

2015/11/01
Sun. 16:24

9月句会報より。
赤門の裸三島のやぶれ傘     亜蘭
一部分犬の裸に触れている    紫乙
シーソーはまだシーソーでいてくれる  律子
理由を知れば崩れてしまうでしょう   とまと
くすの木が動きました悲しくなりました ちかる
君たちがそう呼ぶのなら涎です     とまと


10月31日土曜日、世の中がハロウィンで大騒ぎしてようが雨が降ろうが槍が降ろうが北田辺です。
そこにくんちゃんがいる限り。いや、ていうかえげつない句にドロドロまみれているという意味では、
毎月ハロウィンとも言える。
今回は連句の岡本遊凪さんが初参加。連句で鍛錬されているんでしょうね。席題も軽く(お見受けするに)
こなしてはったようです。
くんちゃんに詩を朗読してもらいました。2回戦でアカンかったやつ(言い方)と決勝に行けたら読むつもり
やった幻のやつと。朗読のときはぴりっときりっと空気が締まります。さすがです。あんなに酔うてんのに。

今回は席題のあと、封筒回し1回、雑詠回し2回、封筒回し1回で打ち止め。いや、ちゃう、最後の選者
きゅうちゃんが「こんな句では取られへん」言うもんやから、おんなじ題で仕切り直ししたんでした。
ぶーぶー言いながら作りましたよ。今日になって考えたら、酔っぱらいが作った句に酔っぱらいがダメ出し
してるわけですから、なんともまあ可笑しな話ではありますが、その場ではそれでオッケーなんだから
オッケーなんでしょう。


わたしの句。
膝下ストッキングに竹槍を隠す
放送禁止用語集はふわふわのティッシュ
またしても九十九人目で疼く
鶏頭と猫じゃらしのリバーシブル
夕闇に戻る途中の木の実ナナ
肉詰めの三日三晩を歌にする
パタリロとカリメロとジョージの三人選
2個買うと1個は緑の女の子
緑色の太ももだからカビキラー
北田辺駅は樹液か唾液か
6頭身の大腿骨をゆずられる
老人の首と絵の具はごちゃごちゃに
暗くなる前に空手チョップよねー
国境を越えてらっきょう食べに行く
おしゃぶりを振り回せ約束の地で
消毒液が漏れてもオッケーな夜だから
少年もポップコーンもいっせーので裸
ざっくりと言えば子宮は地球なり
昨晩の豆はまり子と申します


帰りの電車、難波あたりからどっと色んな人が乗ってきました。今朝、新聞を見るとどうやらミナミで
仮装行列(?)があったみたい。ホームに溢れ出すゾンビ系、姫系、囚人系、ポリス系・・・ぞわぞわす。





[edit]

CM: 2
TB: --

page top

コメント

今後ともよろしくお願いします・

榊陽子さん、こんにちは。遊凪です。
小池正博さんから、北田辺に参加されたのですね・と言われて、こちらにたどり着きました。北田辺では川柳の実作は初めてと言っていいぐらいで、川柳句会にも初めての参加でした。門外漢のしどろもどろでご迷惑だったと思いますが、今後ともよろしくお願い致します。
北田辺で陽子さんがどの辺にいらっしゃったのか分かりませんが、9月20日の文学フリマE48でもお会いしているようです。1月の北田辺に日程が合えば、また、参加出来たらと思っております。また、よろしくお願いします。

遊凪 #QGpfFLMA | URL | 2015/11/18 20:42 * edit *

遊凪さま


遊凪さん、こんにちは。
門外漢とか、迷惑とか、とんでもないです。
わたしからしてみたら、初めてであの余裕はなんだ、羨ましいというか
なんだこの野郎とういうか、それにひきかえ、あいかわらずのわたしの
この苦しみはなんなんだというか、そんなことを思いました。
でもその苦しみを上回る手料理の数々についつい通ってしまうのです。
北田辺では台所のすぐ前に座っていました。(存在感薄くて・・・照)
1月、お会いできるのを楽しみにしております。

ようこ #- | URL | 2015/11/19 16:13 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2020-08