紺さん。 

2016/01/25
Mon. 17:40

紺さんが亡くなった。
何から書けばいいのか、何を書けばいいのかわからない。
お互いに存在は知りつつ、会って話をしたのが2年半まえ。
2年たったときに、紺さんと知り合って2年になるんやね、とメールした。
まだ2年なんや、ずーっと前から知ってる気がする、と返ってきた。

ちょっと歳の離れた姉妹といっていいくらいの歳の差なのに、
紺さんはわたしのお母ちゃんだった。
わたしはいつも紺さんに甘えていた。
紺さんはいつもわたしを甘やかしてくれた。

陽子ちゃんの夢見たわ~とメールをくれた。
夢の中のわたしは、紺さんのうちのおフロに入って
カビ生えてるでーって掃除したり、
紺さんのパジャマ借りて、でかすぎとか言うたり、
グッピー持って帰るーってタッパに入れたり、
お父ちゃんや弟さんとべろべろになるまで酔って、
泊まって帰った日もあれば、帰りたくないーと道端で
寝てしまう日もあったらしい。

わたしも紺さんの夢を見たときはすぐにメールした。

そしてあの日も。

夢に紺さん登場。
なぜか若返ってめっちゃ可愛かった(笑)
そしてなぜか浴衣姿。
やっぱり目は見えにくくて、腕組んで歩いた。
久しぶりに会ったのになに喋ったらいいかわからへんし、
気の利いたことも言えず困るわたし。
でも会えてすごく嬉しかった。目覚めたあとも。

返信はなかった。
この日のメールを見返すと、紺さんが亡くなった1週間後だった。

都合がいいと言われればそれまでだけど、こんなあかんたれに
最後の最後に逢いにきてくれたんかな。

句会に来れなくなって、もう会えないかもしれないという予感も
どこかにあった。でも紺さんは死なないという予感の方が強かった。
完全にわたしの負け。いつだって紺さんは負けたふりをしてくれて
たのにね。

ありがとうもさようならもまだ言われへん。

けどこれだけは言える。紺さん、紺さんに会えてほんとうによかった。


     ありがとうと言えばさようならになる    紺





[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-09