川柳事 

2016/02/26
Fri. 13:15

2月に入って新しい川柳事が2つ始まりました。

1つは勉強会。6名の有志、平均年齢若干ワカメです。
互選もしますが、句をもっと根掘り葉掘りします。普段の句会で言いたくても言えなかった
(時間的、立場上、自分の読み力不足などの理由による)ことをまくしたてるもよし、疑問を
投げかけるもよし、とにかく川柳にもっとまみれたいという思いからスタートしました。

もう1つは朗読会。発起人はくんじろうさんとろっぱさん。
川柳あり、詩あり、短歌(人のん)あり、形はなんでもOK。
わたしは川柳を始めた頃の自分のあまりパッとしない句を組み合わせた詩もどきを朗読しました。
伝えようという読み手の気持ちと掴み取ろうという聴き手の思いが静かに、でも確かに浮遊する
空間でした。コーヒーを飲みながら、ワインを飲みながら、黙読では伝わり切らない何かが心と体に
沁みる心地よい時間でした。

わたしは川柳を追いかけているのか、川柳に追いかけられているのかわからないけれど、多分どちらも
楽しんで進んでいるのだと思うし、流れに身を任せながらも行きたい方向にちょっとずつ体を傾けて
流されているような2月最後の金曜日、ぬくし。




[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-07