小池正博句集『転校生は蟻まみれ』より② 

2016/02/27
Sat. 23:07

小池さんの第一句集は『水牛の余波』だった。

   水牛の余波かきわけて逢いにゆく   

ロマンチスト小池の片鱗をうかがわせる一句である。
水牛じゃなくて水牛の余波をかきわけてゆくところに静かな熱い思いがある。たぎっている。
もしかしたら水牛の余波をかきわけて逢いにゆくのもまた水牛なのではないか。
そしてその水牛こそが小池さんなのではないか、と思っていたら、第二句集にも牛の句があった。
つくづく牛が好きなんだなあと思う。


   いつもそうだった牛部屋のニヒリズム
   
当たり前だけど牛はなんのために生きているのかなんて考えない。乳を搾り取られるために生かされ、
人間に食べられるために大切に育てられる。しかしその人間も実は生きる意味など分からずに生きて
いるのだから皮肉な話である。それでも何とか分かろうと絶望や失望を繰り返し生きているのだけど、
行きつくところはかなしいかな、その牛部屋なのである。なぜならそこには嫌たらしい欲望はなく、
虚無が在るだけだから。


   天壇にのぼったという牛の骨

そもそも生きる意味などなくて、すべては天命であるという考えに至ることで、そこから生きる希望が生まれ、
ついには死への恐怖もなくなる。それは天から与えられた生を全うすることで神と最も近いであろう天壇に
到達するからだ。神により近づくための媒体が牛なのだろう。
もしもこの句、牛という言葉が入ってなかったら私はこうやって取り上げてなかったと思う。まあ言ってみれば
牛の骨じゃなくても何でもいいわけだし、はっきり言って興味はなかった。でもこうやって牛つながりで
拾い上げると見えてこなかったものが見えてきて、天にも昇る心地こそしないものの、不思議な感じではある。


   川上で心の牛を取りかえる

小難しい言葉が並ぶ句集の中で、小池さんにしては珍しく親切な一句である。ツンデレのデレ句である。
たまにこういうのがあるから読むのをやめられない。
人は表向きは空気を読んでうまくやっているつもりでも精神はどんどん疲弊、摩耗していく。そうなると
一度気持ちをリセットしなければならないのだが、ここでは日常的な「取りかえる」作業がまるで神聖な
儀式のような印象を受ける。「川上で」という言葉に浄化された作中主体の晴れやかさが伝わってくる。
車のハンドルやブレーキには「あそび」というものが必要である。この句にも「あそび」がある。「心の牛」は
結構ぐっとくる表現だと認めたうえで、読み手がその「牛」の部分を触ったり動かしたりしてもこの句自体は
ブレないで機能している。そのためこの句にゆったりとした余裕のようなものを感じるのかもしれない。





[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-04