ふらすこてん4月句会 

2016/04/05
Tue. 09:58

三人選「敏感」
11点  神経の先が出ているお人形     祥文
7点   台所のママはきのうのママじゃない ちかる
6点   ブレーキランプは意外と十五歳   多佳子




   神経の先が出ているお人形   祥文

痛い。これは痛いです。歯医者さんの痛み。あの神経が体のどこかから出ていて、人間に触られるたびに
飛び上がるような痛みに襲われるのです。でも飛び上がれません。にんぎょうだもの。(byみつ・・こ?)
人形にしてみたら、かわいがられてるのか、いたぶられてるのかどっちなんだ、ということです。でも、なぜか
笑い飛ばせないなにかがこの句にはあって、それは神経が出ていなくても人間はいろんな痛みを感じるのだから
お人形だって同じように痛みを感じているのかもしれないなあと、ついあらゆる痛みに弱いわたしなんかは
思ってしまうのです。



   台所のママはきのうのママじゃない   ちかる

こわいな、子どもって。これ、旦那さんはぜったい気づかないパターン。ママに何があったかは、それぞれ読む人に
よって違うのでしょうが、それを言うと墓穴を掘ることになるのでここでは言えません。敏感を使わないで敏感と
思わせる、さすがだ。と思っていたら、隣で「宇宙人に襲われて・・・」というかがりさんと話しているちかるさんの
お言葉が耳に飛び込んできました。「え?え?宇宙人?襲われて?」想定外の解釈に頭の中がプチパニックで、
聞き返す余裕、無。たぶん、これ聞きたいような聞きたくないようなってやつです。
今考えるに、つまりこういうことか。ある日ママが宇宙人に襲われて、体を乗っ取られて(寄生獣みたいに)
鼻唄まじりに晩ごはんの準備なんかしているのを、こどもはどこかいつものママじゃないことに気づいて見ている
という、、、SF川柳だったのでしょうかーーー、なるほど、それもアリだな。



   ブレーキランプは意外と十五歳   多佳子

句会で、この「意外と」はいらないではないかと発言しました。たとえ作者が意外と思っても、それは書かずに
読み手に意外と思わせる方が大切なのではないかと。先に意外と書かれたら、そうかなあ、意外かなあ、そうでも
ないんちゃう?ブレーキランプが玉子焼きやったら意外やけど。とか、ひねくれたわたしなんかは思ってしまいます。
それに対して小池さんは、こういう書き方も川柳にはある、と。そりゃそうだ、あるでしょう。それも1つの意見です。
この句を抜いた他の方の意見は聞けず・・・。
こうやって意を決して(ホントよ)自分の意見を言った時に、いまいち反応がないというのは、こんなことはたいした
ことではないのかなあ、そんなことが気になるわたしが変なのかなあと思って、次から言うのやーめよって
なってしまう・・・・けど、たぶん忘れてまた言うんだろうな。



わたしの句
下僕下僕とかいわれ大根が騒ぐ
親指のつけ根で騒ぐ蟇蛙
鳴き声の消える市役所前ポスト
十一に演技指導をする十二
はらはらと刺し違いたる春ピラフ
敏感な兄に本日不具合なし
たんぽぽが敏感だから踏んづける




[edit]

CM: 2
TB: --

page top

コメント

台所のママ

陽子さん、聞かれてしまっていたのですね、失礼いたしました。。。
SFでよくあるぱたーんを想像してたんだすが、くんじろうさんには、ねねちゃんのママそのものやん?と言われ、その読みのほうがフツーだよなあと思ったことでした(藁
ブレーキランプの句は、わたしは車の仕組みがわからなくてぴんとこなかったんですが(免許は所持)「意外と15才」という音は軽くていいと思いました。なら、発言したらよかったですね、陽子さんをほったらかしにしたようで、反省です。こんどから物怖じせず(??)がんばってみるです。

ちかる #gJtHMeAM | URL | 2016/04/13 09:54 * edit *

ちかるさま


ねねちゃんのママ、知りません。また今度教えてください。
「意外と15歳」だけ聞くと確かにリズムがいいですね。伊代はまだ♪16だから~♪がバックに
流れてくるからでしょうか。ありがとうございます。ちょっとスッキリしました。
こんなこと書いて、わたしも人の意見をほったらかしにすることあるよなあと反省しています。
それとちかるさんに物怖じという言葉は似合わないと思います(藁)

ようこ #- | URL | 2016/04/14 11:41 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-04