ふらすこてん5月句会 

2016/05/09
Mon. 11:09

三人選
9点  ひっぱたく妊娠線を束にして  きゅういち
8点  義母笑う小っちゃい蜘蛛を吐きながら きゅういち
8点  太鼓も叩く片手間に母もやる  祥文
7点  母はもう見渡す限り水田に   全郎
5点  お袋を韻踏みながら裏返す   彰子
5点  火点し頃の京都タワーは母である   泰子

なんと。
トップ2はきゅうちゃんでしたね。最初読んだとき、わたしかって思いました。わたしが作りそうといういうことです。
妊娠線とかひっぱたくとか。案の定、句会後の飲み会で陽子さんの句と思ったと言われました。
ねっ。て。なんか複雑な気持ちです。そういうイメージが定着してるんだなあと。
で、妊娠線の方はいただかなかったんですがね。というのはつまり、これだったら自分でも作れそうだなあと思った
のと、自分が作りそうなだけに、下心が見えるというかね。いや、下心なんかないのかもしれませんけどね。
わたしの場合、下心大アリなんで、そう思うのかもしれません。(蜘蛛の方は1点入れましたよ)

まあ今回の選は妥当なとこだなあという気がします。母という題だからでしょうか。母、義母に対する
イメージにおそらくそんな開きがなく、共感しやすいのだと思います。

わたしは、いいなと思った句がたくさんあった中、これは「母」が動かないなと思った句を選びました。

みそ汁の実をたずねては母捩れ   かがり
 介護ってこういうことの連続なのだろうなと。
 うれしいのか気に入らないのかわからないけど、母は捩れてくしゃくしゃになっていく。

内緒だが僕はまだ母の胸で泣く    泰子
 こんなことを胸を張って言える男の人が好きだ。
 残念ながら男の人が詠んだのではなかったけど。

亡き義母は今サバンナを越えている  やよい
 母、義母ともに強し。そらもう軽々とサバンナだって駆け抜けていく。




番号をふったところがけたたましい  陽子
正常なれんげ畑を血祭りに
獺祭と尿瓶と雨雲レーダーと
古池に囲まれている蛙かな
出目金を見ている母のVネック
中毒の母につばめの巣をつくる

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-09