川柳フリマで虚構をかんがえる 

2016/05/27
Fri. 22:13

昨年に比べ、出店数も増え、賑やかな今年の川柳フリマでした。

石田柊馬さんによる「句集でたどる現代川柳の歩み」。
柊馬さんのお話は真剣に聞いてもいつもほとんど理解できないので今日こそはと思ったのですが、話し始めてものの
数分でここはどこ、私もどこ状態。分かったところといえば、現代川柳は中村富二らの時代、リアリズムから離れた
ところで、フィクションやイメージした意識をどのように表現するか、という書き方が生まれたのが始まりで、
私性川柳というのはただ表現比べであって、ついにその表現も尽き、飽和状態に達したところで衰退して
いったということ。あと最後に言われた川柳はプロ野球ではなく草野球、という言葉が心に残りました。

山田消児さんと小池さんの対談「短歌の虚構、川柳の虚構」。
短歌で問題になった虚構の句は、戦争に行ってないのに映像化されたものを見て作ったり、男性が自分のことを
「あたし」と言ったり、父は健在なのに亡くなったことにしてたりするようなもの。
ただ、これらのほとんどが、○○短歌賞などの受賞の際に問題になったという経緯があり、結局これなんだよね。
短歌の世界だって賞でなければご自由にどうぞ、なんだと思う。

作るのはコッチの勝手だし、騙されたのはソッチの勝手だし、そんな短歌賞に応募したのはコッチの勝手だし、
(殴り込みの気持ちも若干はあったのかもしれないし)、それを理由に落とすのはアッチの勝手なのだ。
きっと作者側の気持ちを代弁するならそんなとこだろうなと思う。
でもこうやって問題作が生まれ、外野が喧嘩することで短歌賞における虚構の考え方もきっと変わっていくんだろうな。

だから、川柳人が、川柳は虚構に寛容だよと優越感に浸っているようではまだまだですね。
と思う自分がいることにちょっとびっくりする。

小池さんの揚げた川柳の虚構は、わたしから見たら暗喩と言った方がしっくりくる表現のものが多く、短歌で問題になった
虚構とはちょっと違う気がしました。わたしの中では新子さんの有夫恋が虚構の帝王(なんじゃそら)なんだけどなあ、
とぼそぼそ思うのであった。

それにしても小池さんのご尽力には深謝、脱帽するばかりです。(虚構ではありません)





[edit]

CM: 2
TB: --

page top

コメント

ほっほっほ~

きみ、結構オトナやん。

初めてのコメントでこの言い方も失礼やねんけど、
褒めてんねんで。

きゅういち #- | URL | 2016/05/28 21:36 * edit *

きゅういちさま

へっへっへ~
オトナやろ、知らんかったん?

と書きつつ、

結構なオトナは、あんなことや、あんなことや
あんなこと(どんだけあるねん)はせーへんやろー

と思うようこであった。

ようこ #- | URL | 2016/05/29 18:02 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-12