熊谷冬鼓句集『雨の日は』 

2016/06/03
Fri. 10:12

冬鼓と書いて「とうこ」サン。女性です。
日常生活を淡々とこなしながらも、ふいに気づいてしまった疑問、反発、あきらめなどをさらっと詠んでいます。




   反り返る歯ブラシ 私は悪くない
   人としてどうなんだろうと言われても
   空欄は空欄のまま皿洗う

一句目の言いっぱなし、カッコイイ!反り返った歯ブラシは強気な態度の表れと読むのが妥当でしょうが、
歯ブラシがそっくり返ってるのも、あの人を怒らせたのも、とにかく私はなんにも悪くない、とも読め、スカッとする。
そんな私を「人としてどうなんだろうと言われても・・・」ねえ。そもそもその上から目線が気に入らない。
こうなったら納得のいく答えが見つかるまで開き直ってお皿を洗い続けるしかないのだ。



   返さねば返せなくなる黒い傘

返すタイミンングって案外むつかしい。黒い傘の持ち主は男性だろうか。すぐに返さ(せ)なかった黒い傘には
時間がたつほどお互いの思いが絡みつき、いつまでたっても乾かない。だからますます返せなくなるのだ。
「かえせなくなる」という舌を噛みそうな感じもよし。



   縄張りのようにシーツが干してある
   言い訳が等間隔に挿してある

本来ならばしあわせの象徴である真っ白なシーツ。でも冬鼓さんはこれ以上他人が入り込むことのできない家族の孤立を
感じ、その見えない力を「縄張り」と表現した。プライバシー保護というこれみよがしなシーツで覆い隠された家庭の問題は
社会の問題でもある。
「等間隔の言い訳」も然り。すなわち人間のエゴである。本音を言えば「言い訳」は具体的な何かの方が絵的にはおもしろ
かったかもしれない。
言葉を選ぶ時、自分の感覚はもちろん、読み手の感覚をもっともっと信じていいと思う。



   錠剤の転がる先のわた埃
   行列を見ると屈伸してしまう

うわってなること、よくある。あるーって叫びたくなった。ただそれだけのことなんだけど。
屈伸は、、、ない。ないけど、分かる。地味ーによく分かる。



   百円の傘にひゃくえんぶんの骨
   水平かどうかを計る洗面所

「百円の傘にひゃくえんぶんの骨」のあたりまえも、「水平かどうかを計る洗面台」のあたりまえじゃないことも、
それに気づくことが喜びなのである。それは自分が見つけた時もだし、他人の句で気づいた時もなぜか同じくらいの
喜びなのである。



   それならと延長コード渡される
   矢印が否応なしにやってくる
   勧められた椅子に浅めに掛けている

延長コードは延長コードとして渡されたのか、他の使用目的で渡されたのか、作中主体の心の動揺が伝わって
くる。とりあえず一発芸、とかしてる場合ではなさそうである。
矢印を追いかけながら矢印に追いかけられている日々のくりかえし。「否応なし」がどんどん背中に突き刺さる。
でも自分一人ではなんにもできなくて、ぼーっとしてるからしょうがないとあきらめるんだけど、いつでも逃げだせる
ように浅めに腰掛けるくらいの危機感と冷静さはちゃんと持っている。この句が生き生きして見えるのは、リアリティが
読後すかさず追いかけてくるからだと思う。



   空き缶が蹴りたい位置に立ててある
   やがてそれはトンボに変わる貝拾う
   真四角に切り取ってある通せんぼ
   綾取りを渡し損ねた指の節
   トーストを銜えたままで他人の死



たぶん、仕事をしながら家事をしながら歩きながら運転しながら、冬鼓さんは川柳を作ろうとしているんだろうなあと
思いました。わざわざ考えなくてもいいことをわざわざ考えることは一見無駄なようですが、無駄だからこそ20年も
続けてられるんだなあと冬鼓さんの句集を読んで思ったのでした。


  

   雨の日の片足立ちのふくらはぎ   熊谷冬鼓







[edit]

CM: 4
TB: --

page top

コメント

謝謝!

陽子さん。素晴らしい句集評をありがとう。本人に成り代わりまして御礼いたします。
昨日おかじょうき例会の後冬鼓さんの出版記念会に参加してきました。本人はテレまくってましたがとっても楽しい会でしたよ。

奈良一艘 #- | URL | 2016/06/05 21:13 * edit *

一艘さま

いえいえ~。ていうかなんで一艘さん?(笑)
おかじょうきの方、次々ですね。
一艘さんもそろそろ?

ようこ #- | URL | 2016/06/06 21:06 * edit *

ひっひっひ

とても嬉しい事にどなたからも出版のしゅのじもかかりまへんのや。
ま、クソみたいな句ばっかりやし金もないしね(笑)

奈良一艘 #- | URL | 2016/06/06 22:02 * edit *

一艘さま

そうですか・・・
それは失礼いたしました<(_ _)>

ようこ #- | URL | 2016/06/07 23:39 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-12