北田辺8月句会 

2016/08/29
Mon. 15:44

先月号より
そこな傀儡そこなばあちゃんがいて長屋  ろっぱ
森永の天使が住んでいる長屋    くんじろう
俗名はエビゾエア立ち泳ぎ中    ひろ子
いっしょうびんぼうでよいのと言ってみる ちかる
後頭部の出っ張りミラノ風に削く  六助
餡蜜を三つ並べて鉄工所      多佳子


句会の一週間くらい前にくんちゃんから案内メールが一斉送信されます。
わたしは出欠の返事をしません。ごはんを作る量だとか何やら心づもりがあるらしく、何度か優しく咎められた
ような気もしますが、「出欠の返事ができない体質なので。」とお断りしました。返事をして、その日が近づくと
ねばねばお化けが出てきて、何が何でも行かねば、という気持ちに行きたい気持ちが負けてしまいそうになる
のです。

昨日もそんな感じで句会に向かっていたら、天王寺を出たあたりでかがりちゃんから着信アリ。「くる?」
こんなわたしを忘れずに待っててくれてるのかとうれしんだのもつかのま、「もうあんまり食べるもんがない。」
て。マジですか。時計見たら、まだ40分やし(開場1時30分)。みんなどんだけお腹すかせて行ってるねん。
ま、出席の返事をしてないわたしがそんなえらそうなこと言えませんけどね。

まあそんな脅しに負けずに行けば、わたしを入れて18人という、ものすごいことになっていたのでした。そらなくなるわ。
肉団子こそ食べれませんでしたが、ちゃんと食べるものありましたし、くまひこさん作のゴーヤの佃煮がおいしかった。

初めて参加の竹内ゆみ子さん。土佐一賞のお写真の印象と違ってとてもキュートで、ちかるさん曰くバンビのような
人でした。そしてそんなちかるさんに触ると、苔が生えそうなくらいとても湿っていてびっくりしました。


見わたせば他人行儀な骨ばかり   ようこ
骨盤がすっぽり入るピアニシモ
スプーンに少し残っている夜道
すぶずぶのエレベーターとすべり台
キアゲハを拒んでみたりして脚立
生ハムが連なってくる夏祭り
そのままで君は夏って言うんだもん
きわきわに置いてアパートめくんだね
手術台よく見えないものが泳ぐ
この先はサンバを踊るでもなくのれん
腰骨に接ぎ足す二層式洗濯機
題名がやたらむっちりして遊ぶ
宙づりの椅子の高さがケンブリッジ
たいせつな太郎を作る時間です
女優の顔で卵を茹でている
展示室へ包丁持ってサルモネア
三百の水鉄砲と火だるまと
市長ら来て激痛繰り返す





[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-12