8月、9月日記 

2016/09/10
Sat. 21:05

8月某日

シネ・ヌーヴォという映画館がある。
上映中の映画を調べようとSiri(iPhoneに話しかけると答えてくれる機能)に聞いてみる。

わたし 「シネ・ヌーヴォ」
Siri   「そんなことおっしゃらないでください」
わたし 「ごめんなさい、気にしないでください」
Siri   「やさしいですね、てれますね」
わたし 「あなたは誰ですか」
Siri   「私がだれかなんてどうでもいいことです」

「シネ・ヌーヴォ」を「死ねヌーヴォ」と勘違いしたSiriとの会話。



8月某日

電車に乗っていたら、すごくかわいい笑い声が聞こえた。
声のする方を見ると中学3年生か高校1年生くらいの男女のカップル。
(男女ともすれてない感じから、中1、中2でデートをしているとは思いたくないという希望的学年設定)
その女の子の笑い声が、なあ、ほんまは天使やんね、と疑いたくなるほどのレベルであり、清く正しく、
聞いているだけで幸せになる、それは魅惑的。
許されるなら、こっそり録音して夜ごとこっそり聞きたいくらいの。
内容は聞こえないが、特段相手の男子がおもしろい事を言っているわけではないみたいなのだが、
女の子はころころとよく笑う。
ああ、きみが笑ってくれるなら、わたしはどんなアホなことだってするのに。
あ、どっかで聞いたフレーズ。中島みゆきだ。



9月某日

今日もとかげを助けた。
今までに何度か助けたことがある。たまに玄関先に置いてあるめだか鉢に落ちているのだ。
とかげの生態とか身体能力とか知らないのでそれが地上に戻れないで困っているのか、涼んでいるのかは
定かではないのだが、なんとなく困った顔をしているように見える。そして助けたあとは、助けていただいて
ありがとうございます、と言っているように見える。
とかげの恩返しは、まだない。


9月某日

宅飲み。シャンパンとビール。
ほろ酔いちょい越え。
昨日(一昨日?)届いたメールにちょっとばかり傷ついたので「傷つきました。」とメールを書いてから、
あかんあかんと思い、削除した。
ほろ酔いちょい越えには理性が勝つんだな。





[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-04