ふらすこてん10月句会 

2016/10/03
Mon. 13:58

三人選「幸運」
7点 幸運と書いた法被で来るはずだ   祥文
5点 幸運は雲の狭間に寝ています    伸吉
5点 何時もより泡の少ない大ジョッキ  弘之
5点 玄関を開ける電気が消えている   弘之
5点 鼻毛は抜くな幸運が逃げる     恵美子

なんとか選評タイムのマンネリ化を解決しようと、やり方を変えての三人選。
基本の選者(3人)VS選抜選者(3人)の対決となりました。
といっても、どっちのチームの人も重なって抜いてる句も当然あるわけで、そうなるとチーム対抗という
よりは、個人対個人になってしまったり、自分が取らなかった句にも応戦しないといけなかったりと、ちょっと
ぎこちない感じはありましたが、何回かやっていくうちにそのへんはうまく流れていくのかなと期待しつつ。

幸運という題。幸運を使わない句の場合、この句のどこが幸運なん?に加えて、意味が分かったとしても
そんなんが幸運なん?という個人差もあるせいか、点数も結構ばらけてました。



雨水が溜まるビバリーヒルズの裾   ようこ
スカートの裾で魚が溺れている
二泊三日で羽蟻の羽毟る
パナマ帽片側だけが燃えている
ベレー帽と相席になる麦わら帽
先立つ不孝をお許しください 幸子
晩秋に買う幸運のペンダント


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-04