へんなひと。 

2016/10/31
Mon. 12:26

自分のつまらなさにうんざりすることがある。
常に変を地でいく人がうらやましくてしょうがない。

たとえば、ヨーグルトを食べようと冷蔵庫からヨーグルトを取り出し、食器棚の引き出しから
スプーンを一本適当につかみ取り、ソファに座り、さあ食べようと思ったら、スプーンじゃなくて
バターナイフだった・・・時、ああ、もう、と心で舌打ちしながらスプーンに取りかえに行くのが
わたしである。つまらん。実につまらんのである。

それからスプーンでヨーグルトを食べながら、なんでわたしはあのままバターナイフでヨーグルトを
食べなかったんやろう、と後悔する。そうすれば、わたしのあこがれる変を地でいく人に少しは
近づけたものを。あとは単純に、バターナイフで食べたらどんなに楽しいヨーグルトタイムになって
いただろうと思うと、そのなかなか経験できない経験をしそこねたことがくやしい。かといって
今からまたバターナイフを持ってきて食べるようなズルはしたくないのでしない。


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-07