北田辺11月句会 

2016/11/28
Mon. 15:10

先月号より
弘法大師空海継ぎ木が人参      奈々
極刑の月の裏へと流される      ひろ子
惑星ひとつブルーシートからゴロリ  一帆
惑星のなんなくメスを受け入れる   奈々
ほろほろとはなんだ煮込めばジャズである 々々
ほろほろの発祥の地のさいたま市     大祐
ヴィトンのポーチも飴ちゃんでぱんぱん  吹喜
目薬を持って二階まであがる     洋子
半袖はもう着ないから連れてって   かがり
封をするりんごの尻の赤いまま    紫乙


今月は少なめの10名参加。これはこれでみんなの輪がひとつになるというのか、
話題がばらけないのがいいですね。
ひとりやる気のない人がおりました。最初からきょうは席題はなしにしましょうと、
早々に酔っぱらうという、句会にあるまじき不逞。
もともと流されやすいタチなのでずるずる飲み続けていると、突然まじめな遊凪さんに
「陽子さん、お題ください。」と言われ、え、なんだこのシステムは。新しいじゃないか。
と思いながら、「じゃあ、緑で。」て言うたら、みんなも乗ってきて、「じゃあ共選で。」
と話がすすみ、なんとなくまた句会らしくなってくる。
それからも飲んで食べてをくりかえし、ひとりふたりと帰っていき、やっぱり封筒回ししよ
ってなる。わぁ、句会みたいでたのしい。(句会や)
それにしても、S彦さんになにがあったんやろう、が昨日一番の謎でした。


明るい家族計画赤い羽なびかせて
鳥の巣にひとの匂いの雨が降る
柿をむく二の腕をむく梨をむく
ぼくはもうぼくらになれぬ散りたまえ
だからどうしたみどり色の乳房
マフラーを巻いて行き止まりの体位
うわばみは三行目には死んでしまう
さよさよとおしべ張り付く八重歯かな
九人でこわされそうなnino作る
ブリーフに柿と煮干しを包んで帰る

[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-07