こしょうがつ。 

2017/01/15
Sun. 11:46

じゃりっとしてつるっとしたものが無性に食べたくなる。
歯をたて齧った瞬間じゃり。齧り取ったものが口に転がった瞬間つる。
それから咀嚼。じゃり、つる、じゃり、つる。
そんな食べ物。
想像できる中で一番近いものはこんにゃくだけど、それにはじゃりが足りない。


水が足りない。
更年期外来に行ったほうがいいのかなあというくらい寝汗をかくようになった。
この前はひどくて4、5回夜中に目が覚めた。枕元には汗拭きタオル必須である。
それだけ汗をかくので喉もかわく。夜中に水分なんて取ったことなかったので
いちいち飲みに行くのは億劫で、すぐに飲めるようにそばのテーブルに用意
するようになった。
それまで飲むのはお茶だったのが、なにがなんでも水が飲みたい。
カテキンとかいらない。
水、水、ただただ水。


血縁を水でだいぶうすめてみよう実験。
血縁ではないから他人なのに、冠婚葬祭では時として身内という括りになり、
兄というのはえてしてそういうものなのかもしれないが、いつでもやさしくて
ゆるい、義兄という存在。
お正月に義兄1から犬の思い出ムービー(まだ見ていない)、義兄2から火鉢を
もらった(まだ使っていない)。


お正月から2週間がたつ。
餅をまだ食べてない、ということに気づく。
食べなくてもなんてことない。わたしにとってお正月とは絵に描いた餅なんである。


考えていることを絵で伝えることができたらなあと描こうとすると、結局何を描けばいいのか
皆目分からず一本の線すら描けず途方にくれてしまう。言葉以上に絵は不得手なのだった。


コーヒーは得手である。
だが使用済みのペーパーフィルターをぶちまけてしまう。ほんの一瞬この世の終わり、と思う。
挽いたコーヒー豆というのは存外細かくてかたづけるのに苦労する。
拭き取りながらコーヒーのいい匂いに包まれて、ほんの一瞬この世のしあわせ、と思う。
人生とはこんなことのくり返しかもしれない、という考えがふとよぎる。
そんな単純なことじゃないでしょう、という声でふとわれに返る。
それから、あなたは気楽でいいわねえ、という声がどこからともなく聞こえてくる。



      
       ゆきだるまに道をたずねるゆきだるま   ようこ





[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-12