ふらすこてん2月句会 

2017/02/06
Mon. 10:58

三人選「国」
11点  国境を越えたら靴下は立って履け  かがり
 8点  女五人並べばすでに国境    和枝
 7点  閂をあければそこは猫の国   ゆみ葉
 6点  弁当に梅干君が代に小節    早苗

「国」という題、意外とまじめな句が多かった。それにアメリカ(トランプ)の句も。 
そんな国々に、すこし小気味よさや笑いや夢を加味したものが高い点数を得られたのかなあと思う。
わたしなぞはまじめな句が並んでると、すかさずちょっとふざけた句に点を入れたくなる。



   アイアムはコクヨの消せるボールペン   勝彦

なんだこのリズムの良さはと思った。
コクヨはもともとは「国誉」で、創業者が国の誉れとなるようつけた社名だそうだ。
それにしても日本の文房具はすごいですね。外国の文房具知りませんけど。おそらく。
いたれりつくせりの機能性は日本が誇るべき文化の1つで、「アイアムは」と片言の
英語で堂々と胸を張っていいんじゃないでしょうか。
で、このリズム、馴染みがあると思ったら、「アイハブアペン~」ですね。





酸味が強い修道院の財布    ようこ
賞状を丸めて鬼を追いかける
参加賞もらいそこねてギィと鳴く
ぜらちんを誰かのせいにして食べる
もつ煮込み食べ終えたので女装する
心臓にチェリーパイという痛み
雪虫や遺体になるまでが痛い
はんこ屋の国旗の下の知らない人
さあ行こうおっぱいの国ぞうの国


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2020-08