ふらすこてん6月句会 

2017/06/05
Mon. 22:37

ひさしぶりのふらすこてん。
すっかり出不精になっていたのですが、北海道から
とし子さんが来られると聞いて、行きます!と即答。
それから、俳句のイベントで佐々木紺さんにお会い
し、ふらすこてんに初参加されると聞いて、るん!
その後、石原ユキオさん、中山奈々ちゃんも参加と
聞いて、るんるん!
楽しい句会にならないわけがない。
会場の空気もなんかキラキラしている。
その刺激を受けてハッスルするおじさんおばさん。
うぇーい!(←一番ハッスルしている)


題「西」
とりいそぎ関西人を送ります  ユキオ 
(川柳心がある人なら秒殺でやられるやつ。)
精密にころされている西日かな 紺
(愛がある。だから慈しみ解体されてゆく。)

題「向く」
疼痛の向きを変えれば夏蝶に  紺
(夏蝶のわかってもらえない痛みを感じて痛い。)
上向くまで蘭鋳の水槽叩く   奈々
(こわい。無邪気ぶったその笑顔がこわい。)
ショートケーキに銃口向けてろよ ユキオ
(1回目、え?ってなった。2回目、えぇ!ってなった。)

題「侍」
眉尻をまとめるための侍女の唾 奈々
(指を舐める唇、唾で光る指、眉尻をしごく指先、を見せるスロー映像だとエロくて萌える。)


たのしくうつくしくおもしろい句をありがとうございました。



ブラジャーを正しくつけて咳をする   ようこ
咳をしてアルミホイルな夜である
水際は赤かったかね西のマゾ
隣人よ十字架の向き合ってます
侍一人あたりこっぺぱんふたつ
侍が来ては知らない兄を抱く
幼獣を僕(しもべ)にするための大地
山きれい小さい海は性悪です



[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2020-04