森田律子句集『柱状節理にべっぴんの足跡』 

2018/08/20
Mon. 10:03

律子さん。規律の律子さんは、いつも人として正し
い道を揺らぐことなく進んでいる。旋律の律子さん
は、たおやかにコミカルにスキップする。両方の律
子さんのバランスが実によいのだ。


  ぎふ蝶のうなじに勝てるはずがない
  謝りに来るなら石なんか蹴るな
  歯ブラシをくわえたままで言う事か
  寒いのは小指が長いからですか


句会をご一緒すると、披講の時につい吹き出して
しまうのが律子さんの句なのだ。

そういえば律子さんがガハハと大口を開けて笑う
ところを見たことがない。
え、怒ってるん?と思わせて、実はまじめに笑わ
せにやってくる。

  
  アリンコに番号つけてしもたがな
  そんなこと言うてへんから始まって
  六丁目でメンタム塗ってもろたんか


関西弁を効果的に使った句も多い。


笑ってしまう句があれば、唸ってしまう句も。
あーー、とか、おーー、とか、はぁーー、とか。
 
 
  烏とソフトクリームはぐるである
  くるぶしで包丁を研ぐ午後になり
  バケツの底はバケツのものだ 亀よ
  放課後をまだやっているカイツブリ


律子さんだなあ、川柳だなあ。


  パンクしたついでに夕日見て帰る  森田律子


[edit]

CM: 2
TB: --

page top

コメント

陽子さま。
この句集面白そー。欲しいわ!
どこへ申し込んだら買えますか?

奈良一艘 #- | URL | 2018/08/22 01:59 * edit *

一艘さま

一艘さんと同じ、新葉館出版の川柳作家
ベストコレクションですよー。

ようこ #- | URL | 2018/08/22 09:21 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2018-09