北田辺1月句会 

2015/01/27
Tue. 20:30

くんちゃんの心づくしのおいしい手料理と紺さんがもってきてくれるおいしいお酒なくしては語れない北田辺句会。
金目鯛の煮つけ、最高に美味でした。
遅れていったにもかかわらず、ちゃんとわたしの分を残しておいてくれるあたたかさよ、優しさよ。

とりあえず呑んで食べて落ち着いたら始まる句会。
おもしろい人がつくる句はおもしろいし、へんな人がつくる句はへん。当然といえば当然なのだけど。



   三個めのもちに入っている夫     和枝

三個めの適当さ。もちに入っている夫という存在の耐えられない軽さ。たまらんね。



   一人飛ばしやと思たら逆立ちもするんか(←のような句、自信ない)  かがり

脱力系川柳作家かがりさん。こういう句が作れるのはもはや遺伝子レベルの問題と思うのだ。


わたしの句。

本当のことしか言わぬ枡教師
くるぶしに冬のかもめを刺繍する
剃刀が喉が夜汽車がこすれ合う
巡り巡って靴下の話
赤穿いて白穿かないで赤下げる
銀色に光る動物園前がずるい
北田辺過ぎたあたりがねっとりする
もじもじしてたら下半身がにじむ
あてがわれた部屋に筋肉質のアリス
妄想を一部修正してパンダ
八つ裂きにされて手袋だけ残る
ぎこちなく愛し合うもち屋の夫婦
サプライズでペリカンを苦しめる
飴玉も目玉もしゃぶるお母さん
終点はくらげばかりの靴べらで
黒猫を濾すと配達員たまる
長押しをしたら復活するいのち
寝返りをうった枝から泣きなさい
その時は聞こえる鳥の鼻呼吸
くじ引きでちくちくするズボン当たる


句会はその後川柳談義へというのが定番の流れ。誰かがいい話してたなあ。何だったっけ。
おそらく話した本人も覚えていない、そんな楽しい楽しい句会なのであります。









[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2020-02