北田辺6月句会 

2015/06/30
Tue. 19:24

月に一度の飲み放題食べ放題句会。時間無制限なのがうれしい。
句を作らなくていいのならなおうれしい。
「そろそろ句会しよか~」くんちゃんの呼びかけに、ここは句会やったと思い出す。
句ぅ作らんでええんやったらもっと楽しいのになあと言いながら、本当は川柳大好きな中高年の皆々さま。
席題、すでに酔いのおかげで、今日は全然つらくない~♪いやむしろ楽しい~♪ふふん♪くらいの気持ちで作って
たのですが、気づいたら結局最後やん。お待たせしました。やっぱり皆さんの作句ペースにはついていけません。


おもしろかった句をメモしてたのに、ノート見ても読めません・・・
なんとか読める句を。

耳鳴りをひた隠すなり旬野菜      きゅういち  
クアラルンプールから首が帰らない   くんじろう
茹でた人参で戸締りする女       律子
しっぽは白い陣痛は微弱        かがり



後半、残ったのは5人。
まずは封筒まわし2周。
いつもやったらここで、もうええわ~って言うのにこの日は誰も言わへん。
あと1回しよか。うん。しよしよ。
「じゃあ、自由吟にしよか」いうことで北田辺初の自由吟。もう酔いも完全に回ってるから誰も考えたりしない。
初めてのことやから、選はじゃんけん。はい、一筒さん。
一筒さんたっての希望で、あと一回しよ。うん、しよしよ。ふたたびじゃんけん。はい、一筒さん。
もうおもしろすぎる。シナリオできすぎてるし。楽しすぎる。
なんかもうみんなのテンションおかしいし。
結局あと一回といいつつ、全部で7回したんかな。いや~楽しかった。今思ったらあれは何やったんやろ。
このまま死んでもいいから作り続けたいような恍惚感、ランナーズハイならぬセンリューズハイみたいな。
心に残る貴重な体験でした。

そこからさらに2人は寝て、3人で飲む。笑う。メモる。飲む。笑う。メモる。メモる。そんな日曜の夜でした。
(紺さ~ん、お酒ありがとう。村尾、おいしかったよ~。みんな待ってるよ~。)



鱧入りのちくわを聴いてみましょうか     ようこ
菜の花のように生まれて売春す
ポタリポタリ東京男子陳列す
枝豆を擬人化してがっかり
蚊に刺されながら秘めやかなことを言え
ぽきぽきと蚊取り線香折る自由
首に鍵かけてそろそろ眠ろうか
生首に神のご加護があるように
けんたいとかけてひとつかみの愛と解く
最近の棒は時給マングローブ
中華包丁マングローブをにじませて
父さんがたくさん生えているパスタ
夏が来て濃縮2倍の女の子
天かすが好きな女が沈まない
全身がのれんうさぎのぬいぐるみ
太陽から逃げて二卵性ソーセージ
神父さまが生まれた日の行為
生きたままぽんと置かれている
セクシャルな部分はレースの向こう側
味ぽんがよってたかって慰める
カメムシが先か契約が先か


[edit]

CM: 0
TB: --

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

2019-07